ばむばんか惰隠洞

«前の日(06-20) 最新 次の日(06-22)» 追記

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2004-06-21 この日を編集

[F1] アメリカGP決勝

琢磨表彰台キター!!!。ミナルディ初ポイントもめでたい。あとはセイフティカーが引っ込んだ直後のミハエルの追い抜きだなあ。あれ見てBARはジェンソンとタクをピットに入れなかった(どーせミハエルはペナルティ食らうと踏んで)んではないかと邪推したりするんだけど、ここはどうなるのかな。フェラーリだとお咎めなしだったりするのかしらね。

それはともかく、タク良かったなあ。おめでとう。

[F1] 再び見る

ビデオでもう一度鑑賞。スタートのファンパブロのドタバタ劇、マシン一台分の間隙が産んだように見えるフェルナンドの超絶的なスタート、そして多重クラッシュ、ミシュランユーザの肝を冷やすフェルナンドとラルフの連続バースト、とまあ盛りだくさんの序盤。そんな中。救急車で運ばれるラルフにスタンディング・オベーションを送るアメリカ人にちょっと感動。こいつら、レース好きなんだな、レーシングドライバーを愛しておるなあ、と言う感じでね。

そこからあとは、完全に今回はタクが主役でしたなあ。ばりばり追い抜きは見せてくれるわ、唯一ミハエル、ルーベンスに匹敵するタイムを叩き出してくれるわで見所ありましたな。

あとは作戦ですかね。最初に立てた作戦を柔軟に変更できないっぽい感じがしたなあ。第1スティントを引っ張るのは良いけど、アクシデントの影響もあるんだし、第2スティントを重く、第3スティントを軽くしていたら、もっとフェラーリのケツに近いところを走れていたんじゃないかなあ、という気はしないでもない。まあタラレバー定食な話ではあるんですが。次回は7月のフランス、英国2連戦。シルバーストーンあたりで、もう一段(もちろん二段でも)上に上がって欲しいもんですな。

[Day] 吹けよ風、呼べよ嵐

いや、正直吹かないでーってぐらいの風。6月に台風上陸ってのは何とも珍しい。しかもかなり強力だ。倅が学校行ってないもん。神戸の方じゃ昼頃が雨風のピークで、14:00過ぎたあたりからずいぶん収まってきたかな、って感じにはなってたけど、おかげで「暴れん坊将軍」の再放送が台風特番に差し替えられちゃってた(つoT)。

14:30ごろに、もう大丈夫だろうと思って商品の発送に出かけたんだけど、ちょっと見通し甘かったね。家を出た直後から雨が降り始め、郵便局を経由してスーパーで買い物済ませたあたりから、風もまた吹き戻しが始まって、安物の傘の骨をぐにゃりと折り曲げてくださいました。とっほっほ。

[Books] ゲーム屋のお仕事それでもゲーム業界を目指しますか?

本書カバー 島国大和 著
毎日コミュニケーションズ
ISBN4-8399-1549-0 \1500(税別)

われらが島国大和アニイが赤裸々に、でも真摯に綴るゲーム業界の真の姿。華やかで、スマートで、いかにもエッジな世界に見えるゲーム業界、その内幕はいかがなものか。漠然とゲーム業界に自らの進路を定めちゃってるあわてんぼな若人は必読の一冊。

まあなんですよ、私もゲーム業界では15年ぐらい飯を食わせてもらっていたものですから、ここで島国さんが書いてることのいくつかは「ほんとにそうだよなあ」と深く頷き、いくつかは(おっそろしいことに)「島国さん恵まれてるなあ」と思いながら読ませて頂きました。私が身を置いていた世界は、島国さんのミニマム・リクワイアをさらに下回る、1プロジェクトに割ける人員が10人以下、って環境だったもので、そりゃもうあれです、ゲームを作るスタッフの役割分担というのがプロジェクトリーダー兼渉外兼企画者兼グラフィッカー×1、プログラマー2〜3、サウンドは外注、なんて世界がざらだったもので、ある程度でもプロジェクトの体裁を持ったままで仕事ができている(ように見える)島国さんの環境、正直うらやましいなあと思ってしまうわけです。

ま、下を見たらキリがないのがこの業界なんで、いっても詮ないことだとは思うし、この本で島国さんが書いてる内容は、ほぼ、今ゲーム業界に飛び込んだ若人が直面するであろう事を、すばらしく正確に、かつ容赦なく描写していると思う。甘い気持ちで「ゲームクリエイターになりたい」とか思ってるスカタンは読んでおくべき本です。言っておきますが現場は島国さんが書いてるこれより、まだむちゃくちゃな可能性もあります。

そのうえで惜しいなあと思うのは、この本、出るのが5年遅かった。ゲームバブルがおさまり、これからゲームの世界がどうなるんだろう、って心配がいっぱいだった(心配だったのよ。ついでに私はそのあたりで、自分はこれ以上ゲーム業界でやっていけないな、と思いはじめた時期でもあります。出来の悪い人間(オレみたいに)はゲーム業界にしがみついちゃいかんです)時期にこの本が出ていれば、一般の本としても楽しく、かつ業界に対する警鐘になりうる書物になったかも知れないのにな、と思えてしまうあたりが少し残念なのでした。

(★★★)

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

もんちぃ [仕事っちゅ〜のは、就くまで苦労が見えん方が良いかも。f(^^;]

ROVER [それもそうだなあ(w。]

TUX [●最近、情報が氾濫して、就く前に苦労が見えちゃうから、ふらふらしてる若造が多いのかも…(笑) ●街頭インタビューと..]


2005-06-21 この日を編集

[Day] 演歌の底力 (23:45)

こう、古本屋さんが商品を梱包したりする単純作業の時って、つい鼻歌が出てくるものなんだけど、気がついたら最近のワタシ、作業中に唄ってる歌って「♪くろまっめ、まめまめ、いそふらぼんぼんぼん」か「♪かゆみーかゆみーかゆみでかー」が非常に多いことに気がついて妙に滅入ってしまった。いや、いくら鼻歌だって「♪かなしいこぉーとーぉがあぁーるとぉー」ぐらい渋く唸っておきたいじゃない、個人イメージ的に(うつけ者ッ)。でもとっさに口をついて出るのは氷川きよし。ううーむ。

やっぱりしっかり鍛えられた歌声ってのは耳に残るものなのかしら。演歌恐るべし。

んでも今テレビCFで一番気に入ってるのは、引っ越しのサカイだったりするんですが。あの気の狂いっぷりが好き。甘えん坊、日々辛抱、んーリンボー!

もしかして関西限定?

[F1] 踏んだり蹴ったり (23:58)

BARとアメリカGPと執行猶予(1-800-F1 News)。レースにスカかましたミシュラン勢の中でも、BARだけは貧乏クジぶりがややグレードアップするかも知れない、という話。いやはや、なんでそこまで苛められなくちゃいかんのだろうね。

ついでに、Nifty F1の今回のGPに関する噂のまとめ。あくまで噂ですからね。もうひとつNifty F1から、デニス氏、「アメリカはF1を愛していないだろう」。それはそうだがロン、あなた方の働きひとつで、アメリカはF1をもっと愛するようになってくれたのではないのかね。あれしかやりようがなかった、とはとても思えないんだけどね。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

bongo [weight loss phentermine http://www.network.axe.cc Phenterm..]


2006-06-21 この日を編集

[Day] 何時に起きればいいんだ? (16:58)

朝10時までに仕事は片づける―モーニング・マネジメントのすすめ(amazon)なんて本があるようですが。

えーと、今日は9時頃から作業初めて、まだ終わってない。あと4時間ぐらいで何とかなると仮定して、これを10時に片付けようと思ったら、途中で2時間ぐらいさぼってるとして作業時間は10時間? 昨日の晩はハルヒなんか見てる場合じゃなかったのか。0時から作業始めないといけなかったのか。

そんな無茶な(つoT)。

[Day] 仮納品完了 (23:21)

なんとか日付が変わる前に収められたか。はふう。ちなみに今日やってたのは、某クライアントさんの加盟店用サイトのひな形デザイン。コンペ形式で、良さげなデザインした人に御褒美が出る。「やる?」って聞かれたので「やる」って答えて作業作業。

しかしまあなんだな、あたしゃ"コンペ"なんてもので優秀な成績を収めたことは一度もないので、こいつもちょっとなあ。ホントは一日寝かして、改めてあちこち触るようにしてやると、直すべきところとかもより良く見えてくるんだろうけどね。

でも明日は河内長野と堺回らなくちゃいけないの。オレにとっては東征レベルの旅路じゃ(つoT)。

つことで目をつぶって仮納品。金曜日にチャンスがあったら、直しを入れたいところではありますが。

てことで今日はメールの返事とか全然出せてなくて申し訳なかったっす>関係者各位。

[F1] ゴタゴタ加速中 (23:53)

ジェフ・ウィリス、ホンダ離脱(F1通信)。ガスコインに比べれば小粒ではあるけれど、んで、BAR、じゃなかったホンダ的には中本修平さんがテクニカル・ディレクターの元締めになったりそれ以外にもいろいろ編成をいじってたところではあるので、これもまあ無い話じゃあないのかも、とは思ったけど。

結局ジェフってウィリアムズがアノマロカリス号(Response) 作る前のノウハウを持ってBARにやってきて、少なくともそいつに鮮度があった時期はそれなりのマシンを作れたけれど、他の(トップクラス)チームのインプルーヴ・スピードにはついていけなかった人、ってイメージがなくもない。

だからといって中本さんになって飛躍的に状況が改善されるとも思えないのだけれども、少なくとも日本人がアタマに立って頑張ってる、ってイメージがはっきりするなら、ちっとは応援してもいいかな、って気にはなりますな。

そりゃ成績がいいのに超したことはないんだけど、それ以上に、あんたたちが参加してるそのチームはいったいどこのなんて言うチームなの? ってのが見えなかった今年のここまでのホンダが、良い方に向いてくれたらうれしいんだけど、どうなるかなあ、まだ何か、決定打が足りないような気もするんだよなあ。


2007-06-21 この日を編集

[Books] 銀河おさわがせ執事 (23:22)

4150116075 ロバート・アスプリン&ピーター・J・ヘック 著/月岡小穂 訳
カバーイラスト 橋本正枝
カバーデザイン ハヤカワ・デザイン
ハヤカワ文庫SF
ISBN978-4-15-011607-1 \760(税別)

あちこちふらふら、気分はぐだぐだ

オメガ中隊に配属された新任の衛生兵ナイチンゲール。彼女はかつて、宇宙カジノ・ステーション、ローレライをめぐる騒動で、オメガ中隊の面々と敵対していた一党の一人、ラヴェルナと言う名で知られた美女。今は悪の道からは足を洗い、しかもその上フールの執事、ビーカーとは想い想われの仲である彼女の到着で、こちらも舞い上がってしまったビーカーは、突然溜まっていた休暇を消費しようと行動に出る。フールにしても無碍に禁止する理由はないのだが、一点だけ問題が。とある理由でフールとビーカーは、一定期間、一定の距離が開いた状態が続くと非常に不味い事態が発生するのだ。折悪しくオメガ中隊の駐屯している惑星ゼノビアには、中隊を毛嫌いする宇宙軍大将、バトルアックス来訪の知らせももたらされ…

というわけで、いつものようにお話の展開よりはオメガ中隊の面々のキャラの濃さ、面白さで引っぱるタイプの小説で、そこがわかっていればそれなりに楽しめる。前作までに続々登場した、いろんなおかしなキャラ達が、いつもの持ち味を存分に発揮するところが、このシリーズの面白さな訳で、そこは外していないので安心して楽しめる。特に比較的新キャラなウサギくんのサンパーや妙な因縁付けのマハトマが良い味出してる。

ただ、安心して楽しめる作品であるが故に、物足りねえなあ、そこはもうちょっと突っ込んでくれても良かったんじゃないかなあ、と言う不満が、特にSF的アイデアの部分でちらほら感じられたりするのも事実で。

たとえば本書では、惑星ゼノビアに視察にやってくるバトルアックス大将を懐柔するために、急遽ゴルフコースを造っちゃおうという展開があり、んでその流れの中で、コース建設予定地の地中に、なぜか極小なホワイトホールが埋まっていて、そのままだとプレイに支障が出るかも知れない、っていうかなり魅力的な設定が仕込まれているんだけれど、これがあんまり上手く機能してない感じがある。野田大元帥だったらこのネタ一本で思いっきり引っぱりそうな気もするところが、何となく物足りないなぁと思ったりもするのだった。そのあっさり感がこのシリーズの魅力なのかも知れないけれどもね。

惑星ゼノビアを出ちゃったフールとゼノビアに残っている中隊のメンツ、二系統で発生するドタバタを上手く捌ききれなかった恨みもあってそこも少々惜しかったかな。割と希薄な感じの読後感が残っちゃったですね。

★★☆

銀河おさわがせパラダイス(Asprin,Robert/著 斎藤伯好/著 斉藤伯好/翻訳 アスプリンロバート/著)

ナイチンゲール=ラヴェルナが登場するのがこちら(『銀河おさわがせパラダイス』)。基本的にこのシリーズは、アスプリンがピンで書いてる方が面白いんじゃないかと思う。

[Books] サンコミとか「宇宙船」とか (23:40)

うーむ、「当社は9月で店仕舞いします」だそうな。んーむ、朝日ソノラマの本が突然消えてしまうと言うわけではなさそうだけれど、少々淋しい物を感じなくもない。サンコミックスには良い本がたくさんあったと思うし、特オタ的にはファンコレや「宇宙船」もお世話になった本であったわけだしね。いろいろありがとうございましたですよ。

2ちゃんの某スレで、赤が出てるのは朝日新聞社の方で、その赤字を埋めるために、黒字の出ている朝日ソノラマを吸収することになった、と言うようなことをエマノンの作者がmixiで書いていた、なんてのを読んだんだけど、これはホントの話なのかなあ。


2009-06-21 この日を編集

[TV] 定期視聴番組 (23:10)

「戦国BASARA」、「亡念のザムド」、「神曲奏界ikry」、「戦場のヴァルキュリア」、「鋼の錬金術師」。日曜朝はゴルフでお休み。

「BASARA」と「ポリフォニカ」は最終回。最後まで勢いのみで突っ走ったBASARA、結構面白かったです。第二期やるんですな。「ポリフォニカ」の方は、これで第一期に続く、つー話だったんですな。

ハガレンは、やっぱいろいろ薄いよなー、っつー感じですか。

[F1] 英国GP決勝 (23:21)

とりあえずタイミングモニタで観戦。何かの仕掛けがあってのことかと思ったら、ホントに速かったレッドブル。終始リードを守ったヴェッテルが、数字を眺める限りは圧勝って感じだな。二位を走っていたバリチェロはまったくヴェッテルに届かず、うしろのウェバーはかなりイラついたことだろう。予選から苦しんだバトンはスタートでもミスしてかなり順位を下げちゃった。ブラウンの圧倒的なポテンシャルにも、ようやく翳りが見えてきたってことなのかも。ただ、フェラーリもマクラーレンもルノーも、今のところはブラウンに真剣に危機感を持たせるほどにはマシンは改良されていない感じだな。次のレースは2週間後。混戦になると面白いんだけどね。


2010-06-21 この日を編集

[Day] 変わらないモノはない

いろんな意味で。時間が経てば捉え方や関わる人の考え方にも変化は生じてくるし、そもそも関わる人たちの関わり方、人同士の関わり方にも変化が生じてこようってもので。

それなりに長い時間お付き合いしてる物事があって、そこへの関わり具合が自分的には若干距離を置いたものだったりすると、肝心なところの深いところがすぐには判らず、「おや何がありました?」的展開をいきなり眼前に持ってこられてあたふたしてしまったりすることがたまにあるんだけど、今がまさにそう。

前兆のようなものはかすかに感じてたし、そもそもこのちょっとした騒動(といえるのかどうかも判らんのだけど)自体、半年以上前に発端があったものなのでいまさらどうなんだ、って所もあるんだけど、そこにどう対応したものか、ちょっとだけ逡巡してしまうな。

思いっきりうやむやな書き方ですが、ちょっとどうしたもんかなーと思いつつ、簡単に切って捨てることもできない仕事が一つあって、それについてちょっと考えているところなんでした。


2011-06-21 この日を編集

[PC][HTML] Dreamweaverのテンプレート

TRちゃんから電話があって、クライアントから今やってる仕事のナビゲーション部分を、外に出して欲しいと言われてて、しかもDreamweaverのテンプレート機能を使って外に出して欲しいんだって。自分はこういうとき、割と.jsに吐き出してそいつを読み込むスタイルを使うんだけど、編集のしやすさって点ではDWのテンプレートも捨てたもんじゃないんだろな、と思ったんでちょっと調べてみた。

意外に柔軟な造りになっているんだね。

この手のテンプレート系のフィーチュア、自分的にはずいぶん前にGoLiveが備えていた機能を一度利用したことがあって、その時はあまりの融通の利かなさにうんざりしてしまって、その後は割と手作業(.jsに出してdocument.writeで書き戻す)系を多用してたんで、オーサリングツールが用意してくれている機能はあんまり使ってなかったんだけど、上手く使うと条件分岐が出来たりもするみたいで、どうして捨てたものでもないんだな。

ただ問題もあって、効率的にテンプレートを使うには、サイト構築のスタート段階で、ある程度しっかり設計しておく必要があるのと、当たり前だけど、すでに出来てしまったHTMLに後からテンプレートを適応させる時には、それなりに手作業のパートが増えてしまうって事だな。で、今回はすでに出来ちゃったファイルが100近くあるっ、てのが問題なんだよなあ…。かなりの力技が必要になりそうですよ、これ。

[Day] まだちょっとだけ、続くんじゃ

ボーナス出なくなってもう10年(あ、会社勤めの頃も終盤は出てなかったな)、なのに住宅ローンはしっかりボーナス月にはごっそり持っていってくれちゃうんで困ったなー、と常々思ってたんだけど、さすがにいよいよきっつくなってきたので、ちょっとローン組み替えてよ、的申請出して見たらば拍子抜けするぐらい簡単に審査通っちゃった。

つーことで日々のお支払い的には若干楽になるけど、お支払いのエンドは若干先に伸びる事になりそう。しょうがないけどね。

こういうときには会社勤めって偉大だよなあ、と思ってしまうよ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

TUX [●あー、あるある、あります(泣) ●職場環境や給与はともかく(爆)福利厚生に関しては地上最強レベルの会社にいたモン..]

rover [能力主義だなんだって話は確かにあって、確かにそういう流れはやむを得ないところもあるとは思うんですが、特に歳喰って、そ..]


2012-06-21 この日を編集

[Day] プチ切れしてごめん

画像の説明ちょっと出かける用事が出来たので、いつもとは別の郵便局で古本発送。今日発送分の内一点が代引のゆうメールだったんだけど、で、こいつはいつもの局以外のどの局に持ち込んでも、局員さんが対応に困る類の郵便物らしいんだけれど、今回は事務処理以前に引っかかっちゃって。

局のおじさんがおっしゃるには、送り状の「加入者名」(1の部分)とご依頼主のお名前欄(2の部分)の表記は同じでないといかんのだそうで。

わたしゃ加入者名のところには「軽石庵」(で振替口座作ってるからね)と書き、依頼主の名前欄には「乱土労馬(←仮にな)方 古本屋 軽石庵」って書いて発送してるんだけど、それはダメなので、「乱土労馬方 古本屋」まで消して良いか? とか抜かすおっしゃるわけです。

なんだよそれ、人の書いたもんに勝手に線引きとかすんのかよーと(別件で若干機嫌が悪かったこともあり)軽く頭に来て、「んじゃ良いよ、別んとこで出すから」つっていつもの局まで荷物持ってトンボ返り。こっちでは当然問題なくこの書式で受け付けてくれる。

んで、せっかくだから「これこれこう言う事があったんだけど、それが決まりなの?」と聞いてみたらば、一応お金を扱うものだし、個人情報に関する部分でもあるので、本来は加入者名と依頼主名のところは同じものである必要があるんだって。基本的に数年来のお客なので、いつもの局の皆さんの方がオレを特例扱いしてくれてたみたいね(^^;

プチ切れしてしまってすいませんでした。でも多分この書式は変えないだろうなあ…。


2013-06-21 この日を編集

[Oldbooks] 痛恨の念抑え難く…は判るけど

日本海軍失敗の研究(鳥巣建之助/著)別の本の発送準備の途中で目に入った本。鳥巣健之助 著「日本海軍 失敗の研究」文春文庫 1993年(書影はamazon)。パラパラめくってみると案外さくさく読めちゃった。まあ再読ではあるんですが。

ポーツマス条約以降、徐々にその独断を強めていく陸軍の暴走状態を克明に現した本で、そういう意味では看板に偽りありで、むしろ本書の表題は「日本陸軍 暴走の告発」とでもした方が良かったのではないか、と。全体的に「統帥権」と「補弼」をテーマに、その二つを常に都合の良いように拡大解釈して自分の都合の良い既成事実を積み上げて暴走していった陸軍の傍若無人ぶりと、それを唯一止めることが可能であった海軍が、特に歴史が進むにつれて、自分達に行使できたはずの力を使わなくなって行ってしまった流れを追っていく本。そういう意味では確かに海軍の「失敗」をつまびらかにしようとしている本、と言えるかも知れない。

著者は戦争中、ずっと潜水艦畑で勤務し、キャリアの最後を回天部隊の参謀で終えた人。そういう意味では海軍軍人の中でも、最も陸軍の暴走が招いた無定見な戦争指導のワリを喰った人と言えるかも知れないわけで、そういう意味では海軍の「失敗」以上に海軍の失敗を招いた陸軍側のひどさを告発したかった、と言う部分はあるのかも。そこは理解できなくもないんだが、それ故に海軍側の責任、という面においては詰めの甘い物になってしまっているあたりは少々残念かも。心情は痛いほど分るんですが。

それとは別の所で印象的なのは、この日露戦争から太平洋戦争に向けての流れの中で、ともすれば陸軍の暴走ばかりがクローズアップされているんだけど、その暴走の後押しをすることになったのが、なんというかな、未成熟、というか勢いに乗りやすい一般大衆の「勢い」みたいな物の抑え難い力もあった、ってあたりは案外、現在ただいまのウチらのお国の状況を見わたしてみても、案外変わっていないなあ、と思えてしまうあたりは、少々暗い気分になってしまうことではありますね。


2015-06-21 この日を編集

[Anime][SpFX] ひさびさ、定期視聴番組

いや、一応見てはいるんですけどなんか書くこともねえなあ、という。変則的2クール作品の「魔法少女リリカルなのはViVid」と「終わりのセラフ」が一段落。どっちもまあなんも終わってない感ばかりが前に立つ。「セラフ」は敵味方で裏でつながってる輩がいるらしい、ってのを匂わせて秋に続く。まああの人なんでしょうけど。「なのは」は地獄少女対芳香ちゃんでさんざん引っ張って、主人公誰だったっけ? でおしまい。

終盤に向けて盛り上がり中の「ユーフォニアム」、「黒子」、「攻殻」(盛り上がってはいないか)、「シドニア」あたりはどれも結構。「黒子のバスケ」の真のゾーンの前に立ちはだかっていた者の正体、と言うのが強大な敵ではなく共に闘う仲間であると認識できるか、と言うシカケになってたのはなかなか上手いなあと思った。「シドニア」は突然黒幕化した小林艦長の真意とかは教えてもらえるんでしょうかね。

スターさんがアメリカに帰っちゃった「ニンニンジャー」、まあ戻ってくるんだろうけど。今シリーズはカスミ姉さんが良いっすな(w。

[Baseball] カッタデー!

T4-2S。なんか久しぶりにちゃんとした野球になっていたような。たぶん敵も味方もセ・リーグの野球をやってたからなんだろうな。やっぱパの野球は怖いわ(^^;


2016-06-21 この日を編集

[PC][web] さよならOpera、せんとあかんの?

いささか旧聞ですが、Opera、中国企業に買収される(ITmediaニュース)。Twitter民も続々とさよならOperaモードに入っている(まああそこの人たちはやたら気が早いんだけど)ようだけど、早めに見切りをつけた方が良いんでしょうかね。

一応Presto Operaも残してあるけど、こちらはディスプレイサイズが4:3から16:9のワイドになった時点で、MDIに拘る理由もなくなった感じはしてる。狭い画面で複数のwebブラウズを行うのにMDIは使いやすかったんだけど、そこそこ画面が広いのなら、そこに気を遣う事もなくなるんだ、ってディスプレイ交換して気がついたんで。

Vivaldiの方もちょいちょいアップデートして最新版にはなってるんで、乗り換えようと思ったら乗り換えられる(結構Operaのデータやパスワード情報なんかもちゃんと引き継いでくれてるし)ようにはなってるんだけど、この際Vivaldiに乗り換えた方が良いのかしらね。Presto時代のサイドパネルやNOTE(意外に使える)を引き継いでるあたりはOpera Nextより良い、とも言えるのかも知れんし。

問題はVivaldi-Tanテーマが存在するのか、ってとこかしらね(^^;


2018-06-21 この日を編集

[Baseball] マケヘンカッタデー!

T3-3Bs。この試合に勝てばオリックス、交流戦の勝率1位だったというのになんつー不粋な。たまにはオリにもいい目見せてやりなよ。

[Anime] 定期視聴番組

火、水の分。「ひそまそ」、一応恋愛問題については一応の決着がついた模様。個人的にはひそねは「みんなが好き!」とかでいろんなものをうやむやにするのかと思ったけど、そう言うものでもなかったし、登場人物は総じて良い人、って落とし方なのね。とはいえ脚本はマリーなので油断はできないわけですが。

「グランクレスト戦記」、というか「ランページ 一つ目大乱闘」プラス真のラスボス登場、みたいな。


2020-06-21 ご無沙汰してます この日を編集

[Day] いろいろ

相変わらずのご無沙汰ですが、これには理由があってですね、先日ブクオフでスパロボαとα外伝を見つけて、二つ合わせて1000円以下だったもんで思わず確保したは良いけど、家にあるPSもPS2も動かないもんだからついカッとなって尼で良さそうなPS(1000円ちょいでした)を買って遊んでみたらこれが結構ハマって(^^;。攻略サイトとか見ないでやってるんで結構熟練度とか稼げてないと思うんだけど、この辺のスパロボはやっぱ面白いね、つかこれでも自分には手に余るユニットが多いな、エヴァとか自分には不要ですわ(w。それにしてもPSってこんなに遅かったか。時代ですな(w。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組

あちこちで最終回。「球詠」「かくしごと」「LISTENERS」、「球詠」、自分は野球に感情移入できる世代なんだな、ってのを再確認した。球ちゃん詠ちゃんも良いけど、これは芳乃ちゃんのお話でしたね。泣きました(w。

「かくしごと」も最終回。「かくしごと」にトリプルミーニングがあったことが解る回。お父さんにも隠し事があったのね。ここの事情、ややわかりづらかったけど、それでもとてもいい話でした。泣きました(w。

「LISTENERS」、なんというか、ウッドストック最高はだったぜ!! で締めたような。なんだろうね、全体に気恥ずかしさがちょっぴり先に立つような感もないとは言わんけど、これはこれで、まあ。もうちょっと尺が欲しかった気はするな。

「本好き」も最終回。これはもう、続きつくってよ、としか。

ニチアサも再起動。まずはここまでのあらすじ再確認。あ、「ウルトラマンZ」録り損ねた(^^;。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

たじまや [「球詠」良かったですよね。こういうところにしゃしゃり出るのは控えたいところなのですが、気が向けばぜひ漫画もお読みいた..]

ROVER [CFなど見ると、アニメよりむしろ原作の方が画は美麗な感じ(失礼)なので、真剣にコミックスの購入も考えているのですが、..]

たじまや [漫画は見開きで読みたいですものねえ。自分はsurface proなのでサイズも解像度も問題ないのですが、読書専用端末..]


Google search
www.bumbunker.com
Web
2004年
6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日(06-20) 最新 次の日(06-22)» 追記
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp