ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2007-01-02) 最新 次の日記(2007-01-04)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2007-01-03 [長年日記]

[CS] さぁいくんだぁ、その顔うぉお、あぁげてぇー♪ (24:45)

劇場版パンフCS Animaxで「銀河鉄道999」。初公開時にちゃんと劇場で見て、それなりに感動して帰った憶えがある、その証拠にほれ、初回公開時の劇場版パンフもちゃんと残ってるもの。ノートの余白に飽きずに計器を落書してた、いっぱしの松本零士ファンであったところの青二才の私にとって、夢のような映画であったことは確かだよ。「ガンフロンティア」まで出てきたものなあ。

今にして見直してみると(再見するのは実は初めてだったりして)、今のご時世には少々物足りない演出や構成になってしまっているなあと思うところもあちこちにある(クレアの扱いは、それはいかんだろーとかさ)けど、やっぱり楽しめる映画ではある。なんだかんだ言って鉄郎の前にハーロックとエメラルダスが顔を揃えてるシーン、なんてあたりはぞくっと来ますわな、今でも。

映画としての完成度はこちら、ラストの涙腺搾り取り度では次作、「さよなら銀河鉄道999」のほうがちょい上、と思ってるんですけど、今これを見た人は、どんな感想を持たれるんでしょうか。ちょっと知りたい気もする。

→あまぞん

[TV] 新春時代劇 (25:01)

フジテレビの「明智光秀 神に愛されなかった男」。んむ、フジはどこに金を使ったらいいかを良く分かっとるね。お正月にふさわしい豪華で、かつそれなりに新しさのある時代劇に仕上がっておったと思う。秀吉=天然、光秀=堅物というキャラ設定をしておいて、堅物のままで秀吉の本質を掴みきれないまま、のっぴきならない状況に追い込まれ、最終的に今の日本に必要なのは信長ではなく秀吉である、と結論づけて、信長を討って秀吉に討たれることを選んだのが光秀、と言う解釈は結構面白かった。金ヶ崎の殿戦では実は秀吉はなすすべがない状態で、ここを救ったのが光秀で、そのときの経験が中国大返しに繋がる、とか、結構上手いこと話をつないでるんだよね。ラストに光秀と秀吉が西部劇よろしくサシで銃で決闘するのはさすがにどうかと思ったけど。

あと、終盤になってちょっと大きな意味を持つ「瑠璃色の海」ってワードを、ラストシーンでちゃんと画像処理でそれっぽいことやってるのにも感心しました。唐沢寿明はあんまり好きな役者じゃないんだけど、このお話でははまり役。ギバちゃんの秀吉に上川隆也の信長もなかなか良かったんじゃないですか。最近の時代物の標語みたいになっちゃってる、「戦のない世の中を作りたい」というのがこのお話でもメインのスローガンになっちゃってるのは何だかなーと思うけど。

ワタシの好みとしてはギバちゃんの秀吉は、もう少し黒いキャラでも良かったんじゃないかなあとは思ったけど、案外楽しめたんでまあこだわらない方向で。面白かったです。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
P2 (2007-01-04 20:00)

喪中故挨拶省略です(´Д`)ノ劇場999は作画動画面に置いては今見ても大して古くなってない→人間の手で描かれる範囲でのアニメ技術はこの30年それほど進歩したわけではないという点に驚かされます。<br>さよ銀は苦手。ハーロック勝手に鉄郎のロケット捨てるなイヤロケット自体はいいがあの中にはクレアの涙がだな(略

rover (2007-01-04 23:49)

作画に関しては全くその通りだと思います。レタリングはちょっとキレイになってきているかな、最近は。<br>ただやっぱりカット割りのリズムみたいなもんについては、それなりに時代を感じるところはありますね。今は切っても大丈夫なところが昔は切れてなかった、みたいな印象は持ちました。良し悪しは別にして(昔のユルいリズムも、決して嫌いじゃないもんで)。

空の人 (2007-01-07 18:38)

私はこれを7年ほど前に再見したのですが、その直前に見た未来少年コナンが全然古びていないのに対してかなり「昔のマンガ」に見えました(こっちのほうが新しい筈ですが)特に冒頭のパスを奪ってから逃走する所や、時間城へ侵入するときにその手段が全然描かれていなかったりと、シーケンスを飛ばしすぎなんではないかと…。そのわりに奇妙なところで表現が丁寧なんですよね。<br><br> でも、骨の髄からハーロックファンだったので当時(小学校中学年)は親戚に連れて行って貰った映画館で感動していたもんです。アルカディア号には吃驚しましたけどね(笑


Google search
www.bumbunker.com
Web
2007年
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここ1週間分の話題

  • 2021-03-01
    • 1. 今月から本気出す
  • 2021-01-28
    • 1. ひさびさ、お出かけ
    • 2. 冬アニメ
    • 3. あ、忘れてた
  • 2020-12-14
    • 1. 何をしてたかというと、特に何もしていなかった
  • 2020-10-26
    • 1. 定期視聴番組
  • 2020-10-23
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. 女総督コーデリア ヴォルコシガン・サガ
  • 2020-10-12
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. タイムラインの殺人者
  • 2020-10-08
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. ずーっと払ってた

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2007-01-02) 最新 次の日記(2007-01-04)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp