ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2004-02-24) 最新 次の日記(2004-02-26)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2004-02-25 [長年日記]

[TV] 攻殻機動隊

やっている、というのは聞いてたんだけどいつやってるのかさっぱり判らなかった。先日ワークのムラさんに教えていただいてようやく判りました。月曜深夜だったんですな。そらあかんわ、月曜の朝なんてまともに新聞読んでねえよ。ということでようやく録画成功、本日鑑賞。

ふうむ、良くも悪くも「普通に上質」なアニメかなあという感じ。あたりまえだけど士郎正宗作品の、過剰なまでの欄外の蘊蓄が醸し出す毒気みたいな物はさっぱり抜け落ちてて、その分何とはなしに肩すかしを食らったような気にはなってしまうね。菅野よう子の音楽は、なかなかにええ仕事しとるなあ、と思いますが。

[Oldbooks] 温故知新

へろへろと段ボールあけの毎日なんですが、ごそっと温帯小説が詰まった段ボールに遭遇。グイソの前半とか、まかすこがたっぷり詰まっておるなあ。で、何の気なしに30巻、「サイロンの豹頭将軍」なんてのを読んでたら、グラチウスがこんなことを言ってるんですな。

少なくともその間に、その心の卵をかえしておくがよい、もしできるものならな。そうして、たんと人間くさく、弱く、たよりなくなるがいいさ。わしはじっとそれを待つことにしよう。

むはは、温帯的には最近の陛下の体たらく、予定通りの展開だったんだ、凄いなあ、って、グラチー以下、その他の登場人物までへろへろと頼りなくなっちゃっては、どないもしようがありませんがな。

それにしてもリアルタイムで読んでたときはそれほど気にならなかったんだけど、改めて読み返してみると、このころ既に温帯文体、ヘタレぶりが顔を出し始めているんだなあ、天野さんの絵も荒れ始めてるしさ。

[Comics] その後の「凄ノ王」

最新三日分から押し出されちゃってるけど、22日のツッコミでいろいろと情報仕入れることができました。どうもありがとうございます>でしたさん、まなたけさん。

善悪の価値観を解体して再構築することで、それまで見えてこなかった「悪」にスポットを当てる、ちうのは永井豪終生のテーマのようにも思うんですが、なるほど、「凄ノ王」もその路線の、おそらくは最大級のスケールを持った作品になるはずだった作品なんですな。実際、「手天童子」がすばらしく鮮やかにお話をまとめたあとだっただけに、おそらくこのころの永井豪は、力量のピークにいてたんだろうなあという感じ。それなりに続くこの作品には期待したし、実際面白かったんだけど、あまりにも前振りが長すぎた恨みはありましたなあ。これも「009」の「天使編」同様、続きが読みたいなあ、と思うにとどめておく方が良さそうな作品なのかも知れないね。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2004年
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2004-02-24) 最新 次の日記(2004-02-26)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp