ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2005-05-02) 最新 次の日記(2005-05-04)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2005-05-03 [長年日記]

[Baseball] 連休ですから (19:15)

勝つのもお休み。5連敗で借金生活開始。ってまあこのあたりが阪神の定位置なんだから、落ち着くとこに落ち着いただけで驚きゃしませんけどね。ええ、想定の範囲内ってヤツでさぁ(つoT)。

[Books] 奇天烈!古本漂流記 (23:33)

本書カバー 北原尚彦 著
カバーイラスト 喜国雅彦
カバーデザイン 倉地亜紀子
ちくま文庫
ISBN4-480-42077-0 ¥780

トンデモ古本の世界

ターザンはインディアンだった? 戦前の宝塚のSFレビュウ、謎のアメコミ、"サムライ・サンタ"、金日成が語る"十五少年漂流記"……。三十年来の古本集めのなかで遭遇した数々の奇妙な書物が続々登場。

わたくしも日々(ってほどでもないけど)古本屋を徘徊する身ではあるのだが、確かにあそこにはなんだかわからんけど妙に心惹かれる珍妙本、というのが、まじめーな本に混じってちょろちょろと潜んでいるところではある。わたしゃ基本的に「売る」ための本を探しているので、自分のウヒヒヒ感を満足させるためにそう言う本に手を出すことは無いのだけれども、日本屈指のホームズとヴィクトリア朝研究家にして作家である北原尚彦氏による希本、珍本総進撃。世の中ホントにおかしな本があるものだ。

ただまあこれ、情状酌量の余地のある本もあったりするわけで、片っ端からトンデモ本扱いしちゃうのもかわいそうかな、ってところもあるにはある。時代的背景もあるだろうし、特に児童書なんかでは、原作を読みやすく噛み砕いたり、そもそも読む子供が面白い、と思ってくれないとどうにもならないわけだから、その辺でどうしても、やらんでも良いサービスまでやらかしちゃうこともあるだろうし。

なんというか、確かに今となっては笑える本なんではあるけれど、その笑いってものの何割かが、今はなくなってしまったゆったりした部分、みたいなものに久しぶりに遭遇したことからくる引っかかりに起因しているような気がして、ここを笑ってしまうって事はつまり、昔は良かったなあ、ふっ、みたいなニュアンスもあったりするのじゃないかな。

それはともかくこの中では、やっぱり金日成が語ったという"十五少年漂流記"ネタが白眉と言えるだろうかね。息子は映画大好き、親父様は海外小説愛好家。国民には自国のすばらしさを延々説き続ける指導者層こそが、実は自国の外にもステキなものが沢山ある、事を良くわかっている、って構造が見えてまいりますですな。

古書収集家の大先輩であるところの横田順彌氏の無茶な解説も笑える。肩の凝らない楽しい読み物。ただツッコミはやや甘いかもなあ。

(★★☆)


Google search
www.bumbunker.com
Web
2005年
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ここ1週間分の話題

  • 2019-10-14
  • 2019-10-11
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. カッタデー!
    • 3. 台風接近
  • 2019-10-10
    • 1. 定期視聴番組とサンテレビ(様)で映画
  • 2019-10-08
    • 1. 時空大戦 3 人類最後の惑星
    • 2. 定期視聴番組(終わったの、始まったの)
  • 2019-10-04
    • 1. リサイクルショップ
    • 2. ぼつぼつ秋アニメ
  • 2019-10-02
    • 1. 落下世界
    • 2. 定期視聴番組
  • 2019-09-28
    • 1. 電話機買うたった

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp