ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2010-10-02) 最新 次の日記(2010-10-04)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2010-10-03 [長年日記]

[TV] 定期視聴番組

「けいおん!!」、「天装戦隊ゴセイジャー」、「仮面ライダーOOO」、「ハートキャッチプリキュア!」、「STAR DRIVER」。アニメシャワー枠は「エウレカ」劇場版が挟まっていたので「けいおん」一本だけ、かつ番外編、だったんだけども、自分にとっては本編よりはるかにええ感じの出来だった。たぶん本編にあった、「音楽をやる」って部分への向き合い方の描写の「投げた」感じがどうにも気に入らないところがあったんだけど、番外編だって事でそのあたりはあまり気にしなくて良いってあたりが良い方向に作用したのかも知れないな。

日曜日。新たな敵が登場した「ゴセイジャー」。人間側のお芝居にちょっと深い話が入っていて良かったね。本来護星天使なんていう者がいない方が良い地球なんだ、といえるアラタ君、天然のクセに結構深いところで物事を理解しているのな。これに続いてノゾム君とゴセイナイトの間のお話が深い方に進んでいくって事なんでしょうかね。そこも楽しみ。ああそうそう、新たな敵マトランティスの女幹部、メタルAの声に井上麻理奈。戦隊モノの敵幹部にいわゆるアイドル若手声優が起用されたのって初めてなんじゃないっすかね。マリーナ出来る子なのね。

「OOO」はそのタイトルに案外深い意味があったことが判る回。同じメダルが三つ揃った時がキモなライダーって事なのね。

「プリキュア」はムーンライトさん大活躍。つえーな、おい。

んさて、日曜17時の新番組「STAR DRIVER」。ある意味いろんなモノを捨てて突撃してみました、みたいな。あるいはガイナックス抜きでグレンラガン+ウテナをポワトリンで割ってみました、なんてな作り? かなり大きな照れ隠しを外し気味のディフォルメをオブラートにして包もうと思ったら、よだれがついちゃってオブラート決壊状態、みたいな。こういうぶっ壊れ気味な作品はまあ、嫌いじゃないんですけど、さてこの先どういう展開がまっているのかな。

[Anime] 劇場版エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

B001V70TK2土曜深夜のアニメシャワー枠で放映されていた劇場版「交響詩編エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」。そこそこ長期にわたって放映されたテレビシリーズを劇場版にまとめたモノにロクなもんはない、と思ってるクチな上に、そもそもオリジナルシリーズが出だしでかなり、きゅんきゅん込みの期待を持たせてくれてたモノが、お話が進むにつれて「何をやりたいんだあんたらは」的気分ばかりが前に立ってしまい、終了時には「終わりましたね」ってな感想しか持てなかったものであっただけに、オリジナルのストーリーはそれはそれとして、世界の設定からすべて別物として再構成した劇場版、こちらが想像していた以上に出来は良かった。

手放しで褒める気は全くなくて、オリジナルでもそうだった、序盤での「コレハモシカシタラ、トテツモナクムネガキュンキュンスル、ぼーい・みーつ・がーる・すとーりーヲミセテモラエルノデハナイカ」というこちらの一方的な期待は無残に裏切られ、なんだか良くわからん問題意識を一方的に押しつけられた少年少女が(こちらの作品ではさらに『神話』なんぞという破って捨ててしまいたいようなネタが付加されてしまってる)右往左往させられる展開になってしまっていて、そこはどうにも感心できなかったのだけれど、それでも2時間のタイムスパンの中でお話を完結させようという意識は感じられ、そこには好感を持った。

テレビシリーズが好きだった人には許し難い変更であったのかも知れないが、そこに特別な思い入れのない自分としては、この変更はアリだし、その改変作業自体も失敗したとは言えないだろう。個人的に最後まで最後まで支持は出来ないが、かといって積極的に拒絶する要素もない造りになっていたと思うし、それは一本の映像作品を鑑賞する上ではある意味見るに足る作品になっている、ということになるのではないのかな。

テレビシリーズが大好きでしかたがない人でないのなら、一見の価値のある作品だと思った。

それは良いけどこの作品ではエウレカは、自然光に当るとダメージを受けてしまう体質なのだよね? それが中盤以降わりかし無い話になってしまっていたけれど、そこに合理的な説明はあったのかしら? 中盤以降、エウレカは割と平気で太陽光が入ってくる環境に我が身を晒していてような気がするんだが。自分が見逃していただけで、ちゃんと見てるとそこには納得できる理屈が表現されていたものでした?


Google search
www.bumbunker.com
Web
2010年
10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2010-10-02) 最新 次の日記(2010-10-04)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp