ばむばんか惰隠洞

最新 追記

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2017-09-01 [長年日記] この日を編集

[Oldbooks] 古書神プチ襲撃

ごめん、無理(^^;。いや、数も手頃だし、多分お客様が満足できる買い取り価格も提案できると思う。ただね、

大ダブりなんすわ、それ。

ご期待にそえられず、ほんと、すいませんm(__)m。

[Baseball] カッタデー!

T5-3D。終盤の逆転とはまた、阪神らしくない芸当を。とはいえ大山、中谷と来年以降に期待できる選手が育ちつつあるのかな。明日はノーミサン、明後日は藤浪きゅんですか。ちょっとは覚悟しておいた方が良いかしら、ま、ここまで4連勝だし帳尻は…(^^;


2017-09-04 [長年日記] この日を編集

[Day][Oldbooks] 倉庫番で大渋滞

なぜか週末からこっち、深いところにある古本のご注文が集中して大倉庫番大会、かつ買い取った本の整理もあって(整理できたとは言ってない)結構な肉体労働の日々。とりあえず発送完了、新規の追加も完了してひと息ついたらもう週明けてるぜ。北朝鮮の水爆? 知るかそんなもん。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組(短縮版)

土曜深夜、「ボールルームへようこそ」、大変結構。あとはまあ、どうでも。日曜朝、「キュウレンジャー」、悪役が弱点簡単に言いふらすってのは良くないよなあ、と思ってたら制作側も同意見だった(^^;。新番組、「仮面ライダービルド」、なんか主人公の天才物理学者より故あって追われてる若者君の方がよっぽど主人公ぽいんですけどそれは。や、おもしろそうですけどね。「おんな城主直虎」、龍雲丸は自分以外の龍雲党の仲間が死んじゃったことには案外無感動なのかなあ、ってとこが気になった。日曜深夜、「ナイツ&マジック」、「プリンセス・プリンシパル」、半笑い案件と割と真面目に見る案件、どちらも大変結構でした。「ナイツ&マジック」、改めて見てみると声優さん相当豪華なのね。17歳が二人いたりするし(w。


2017-09-06 [長年日記] この日を編集

[Day] 誕生日だった

まあこの歳になって、なんぞイベントなど期待しやしませんよ(w。一人で王将行ってビールと棒々鶏でプチお祝い会。あと2年頑張れば、いつでも映画が1100円で見れるようになるので、そこまでは頑張って生き延びたいです。

[News] 訃報

俳優の土屋嘉男さん死去 黒澤映画の脇役として活躍 (asahi.com)。昭和の東宝特撮の得難い役者さんの一人。2月に亡くなっていたのですね。胡散臭い天才としての平田昭彦、熱血バカ(褒め言葉)の久保明、体育会系の科学者としての池部良、そして壊れやすいインテリとしての土屋さん、昭和の東宝特撮は役者さんがスクリーンに映った瞬間に観てるこっちが「むふ」と笑みが浮かんでしまう魅力に満ちておりました。たくさんの名作をありがとうございました。安らかに。

向こうじゃ沙魚川さんがウキウキだろうなあ(^^;

B00DNT91XW B00ISOILDS B00WJ9YUHY

ダンディな土屋さん、ぶっ壊れる土屋さん、そしてほとんど主役の土屋さんが楽しめる映画たち。どれも素敵ですよ。

[Books] エクソダス症候群

エクソダス症候群(宮内悠介/著) 宮内悠介 著
カバーデザイン 岩郷重力+S.K
Photo ©G.Iwago
創元SF文庫
ISBN978-4-488-74702-2 \820 (税別)

なんだかとっても懐かしい

地球の大学病院で勤務していたカズキ。だが、とある事故がもとで地球でのこれ以上のキャリアアップは望めなくなってしまった。新しい環境で心機一転するため、生まれ故郷の火星に戻った彼が勤務することになったのは、かつて彼の父も勤務していたゾネンシュタイン病院。そこは火星で唯一の精神病院だった。地球に比べれば設備もスタッフも不足気味ではあるが、それなりの働き甲斐も感じ始めていた矢先…。

これまでキレ味鋭い短編を発表してきた著者の初めての長編作品。テーマは精神疾患。これまでの短編作品の傾向などから、どこかでぽん、とイメージを跳ねさせるような展開があるのかな、なんて漠然と思いながら読み進めていくと、これがびっくりするぐらい丁寧かつ地味に、精神疾患について解説し、展開し、そこからSF的な展開に繋いでいく、という非常にオーソドックスな作りになっている。最近次々と登場する日本SF期待の新星達の作品がどれもこれもオジサンには少々ハードル高く、「かなわんなあ」感の方が強いものが多くなってきてるように思ってたんだけど、本作はそういう難しさ(オレにとっての、ね)がなく、とても読みやすく、お話自体もちゃんと理解できる作りになっていて、そこがとてもありがたい(^^;。

自分が精神的に愚鈍な人間である、という自覚はあるので精神的に問題を抱えて暮らしている人の気持ちというのがわからない人間で、それ故精神疾患を抱えた人の日常、みたいなものに神経が行かない方なんだけど、そのせいなのか本書で語られる精神疾患との向き合い方、みたいなところの描写は逆に勉強になった。精神疾患と向き合ってきた医療の歴史みたいなものの概観も教えてもらってなんだか得した気分。

その一方で最新型のSF作品としてはどうなんだ? という方面から見たら結構つらいかも知れない。前述したとおり、既知の知識を踏まえて語られる「精神」へのアプローチは手堅くはあるが飛翔感は薄い。「物語」としての構成も、いろいろ足りてない所はあると思う。魅力的なキャラクタは登場するのだが、それぞれのキャラクタへの描き込み、というところは全体に浅いかな、というところ。登場人物へのウエイトのかけ方が少しばかり平均的になりすぎてはいないかな、って気はした。

んだけど、そういう足りてない部分も含めて、なんというかな、自分がSFを読み始めた頃の日本SFの「かおり」、みたいなものを久しぶりに感じたような気がする。未熟さ(もちろん読んでる方はそれを未熟、とかには取らないんですが)もコミの「SFを読むわくわく感」をなんだかしばらくぶりに味わったような気がする。感覚的な話になっちゃうけど、わくわく感、新しいものに触れる驚き、それから物語としてのリーダビリティ、それがいい案配に収まった佳品、という気はしました。最後に一発、何か大ネタかましてくれたら大絶賛だったんだけどなあ(^^;。

★★★☆

[Baseball] 連敗です

連夜の1点差、サヨナラ負け。「まいりました」言うた方が良いかもねえ(つoT)


2017-09-08 [長年日記] この日を編集

[Day][Books] お出かけお買い物

B01MUFDEOH読む本が減ってきたんで三宮出撃。昼飯食ってジュンク堂で文庫本確保。ついでにハーバー方面まで散歩。ソフマップでやたら無印良品っぽいパッケージのポータブルCDプレイヤーが売られてて、こいつが3500円ぐらい。CDラジカセぶっ壊れたままだったし安いし、まあいいか、で購入。

帰ってから聞いてみたけどさすがに付属のヘッドホンは安物過ぎてシャカシャカした音しか鳴らないんで、家にあったヘッドホンに差し替えで使用中。まあまあじゃねえですかね、もちっとバスブースト欲しいけど。

世界の駄っ作機8(岡部ださく/著)ほんでソフマップの下の大垣書店うろうろしてたら見つけちゃった、岡部ださく「世界の駄っ作機」(8)。出とったんかい……。

基本的にお出かけの時は、その日の目的に応じて「今日はこれだけ」って予算決めて出るんだけど、CDプレーヤーと駄っ作機で完全に予算オーバーだ(w。しょーがないからセブン銀行でお金下ろして立ち飲みでぷはー(立ち飲みを我慢する、という選択肢はあり得ない)してたらカミさんから「出かけるんで晩はぼっち飯よろしく」ってメール来たんで、ほろ酔いでスーパー寄って珉珉のせみ餃子と黒ビール買って帰宅。

[TV][Chinema] バトルシップ

飯食って風呂入ったらちょうど良く(バレーボールの中継が伸びてたのね)金曜ロードショーで「バトルシップ」始まったので焼酎舐めながら鑑賞。おもしろいって話は聞いてたんだけど初見。で、割と真面目に「レーダー作戦ゲーム」やっててびっくりした。しかもそこそこ理にかなっている(w。

映画自体は出だしがかなりもたついてる(サッカーがらみのシーンとか、要るか?)以外は割と快調で、「細けえことは良いんだよ」精神をしっかり持っていればこれはこれで結構楽しめるんじゃなかろうか。ビーム兵器を一切使わないエイリアンとか、まあ新鮮と言ってあげよう。

とはいえ劇場で金払って観たら、どう思っただろうなあ(^^;。

ザ・シネマハスラー 『バトルシップ』

2012-04-22
再生: 82,914
コメント: 2,274
マイリスト: 414

ザ・シネマハスラー 『バトルシップ』 (34:46)
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルより。2012年4月21日放送分「バトルシップ」。

日本人はバトルシップ 何度見ても良い スタエレはド左翼だし wwwwwwwwwwwwwwww 丁寧に頭空っぽにさせ トニー・スコット…惜 そう怒るなよー(´・ω wwwwwwwwwwwwwwwwwww.

↑もしかしたら映画本編よりもおもしろいかも知れない宇多丸師匠のハスリング

[Baseball] カッタデー!

T8-3DB。鳥谷選手2000本安打おめでとう! とはいえ横浜が3位にいてくれた方がちょっと有利な気もするのでそこはちょっと複雑ね。


2017-09-10 [長年日記] この日を編集

[Day][Oldbooks] ヘビー級来た

SFマガジン30冊、軽く10Kgオーバーのご注文。しかも土日なので近所の郵便局はお休み。前だったら泣いてたけど今は大丈夫。原チャあるからね(^o^)。がつがつクリーニングしてごすごす箱詰めしてプチプチで隙間埋めてガムテープ+結束テープで締めて荷造り完了。ギア君の後ろに乗っけて(20Kgまで大丈夫)局まで出動。ああ、なんて楽なんだ。荷物出した後に祝杯あげられないのだけが残念ね(^^;。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組

週末分。「ボールルーム…」、マコちゃんを最高に可愛く演出したタタラ君に対して、ガジュ君チームが圧倒的なコンビ感を見せてくるのかと思ったらそうでもなく、結構動揺してはりましたな。良い所で次回に続く。タタラ君、次週はつちわたブースト出すのかな(別な話です)。「賭ケグルイ」、ちょっと変わったポーカー勝負、相手は杉田君(副会長)。まだちょっとゲームの理屈が飲み込めてません(^^;。「シンフォギア」、あ、また敵が味方につく流れなのね。

日曜朝、「キュウレンジャー」は、んー、これはつまりラッキーはオライオンさんの遠い子孫、ってことになるのかな。「ビルド」、やっぱリュウガ君の方が主人公っぽいよなあ。このまま滝和也(古いな)ポジションでお話すが進むのか、フルボトル(フル、ってFullじゃなく振る、ってことなのね)もらってたし、ゆくゆくは二人目のライダーになるんでしょうかね。

「直虎」、えー、次郎、頭の申し出受けちゃうの? それはちょっとちがくね? あと今年の家康は今のとこ結構クズだな(w。

[Baseball] カッタデー!

T7-6DB。9回隼太サヨナラで3連勝、は良いけど多分みんなこれを対広島3連戦でやってくれよ、って思っただろうなあ。


2017-09-11 [長年日記] この日を編集

[Comics] 倅からの貸与品

鬼滅の刃 1(吾峠呼世晴/著)僕のヒーローアカデミア 15(堀越耕平/著)ちょっと前に渡されたんだけど、堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」(15)、吾峠呼世晴「鬼滅の刃」(1)~(7)。ここのところちょっと自分の中では低迷気味だった「ヒロアカ」、なんだけどこの巻はちょっと良かったかも。うん、ヒーローは可愛そうな女の子を助けてなんぼだよな。そっち方面に話が進みそうなのでちょっと期待。

もう一作は全然知らなかったんだけど、倅が「結構面白い」というので読んでみた。大正時代、鬼が跳梁する日本で、鬼に対抗する剣士の一人になった少年が主人公。正直到底上手いとは言えない絵なんだけど、オフビートな感じのギャグの案配と、激しいバトルの中にそれなりにロジックがあるあたりが結構楽しめる。まとめて読んだのが良かったのかも知れんけど。

ああ、つまり倅はこれといい「ヒロアカ」といい、それなりにロジックのあるバトルもの、が好きなのかな? 「ネウロ」とかも、そういえば相当乱暴だけどロジックがあったし「ジョジョ」もそうだし。理系なのか? アイツ(w。


2017-09-12 [長年日記] この日を編集

[Books][F1] 覚醒の78、大成の79、蹉跌の80

Lotus 1977-1979 The Last Glory毎度おなじみサンエイムック、GP Car Storyシリーズ、スペシャルエディションとして「Lotus 1977-1979 The Last Glory」。確かにそうなんだけど「最後の栄光」なんて言われちゃうとやっぱり寂しいな。コリン・チャップマン率いるチームロータス、最後の煌めきだったベンチュリー・カー、ロータス78、79、80を手際よくコンパクトにまとめた本。あの美しきブラック・ビューティー、ロータス79はその美しさと引きかえに、シャーシの剛性を大きく減じていた、なんて話は初めて知った。そんなことがあったのか。さらに79をリファインしたはずの80は、マリオ・アンドレッティ曰く致死の病を患った絶世の美女だったとか。そんなにF1に詳しくない状態で見ていた(そして惚れ込んだ)マシン達にもいろんな事情があったのね。

まだぱらぱらと見てる段階なんだけど、開発スタッフのサー・コリンに対する愛憎入り交じったコメントがちょっと興味深かった。天才故の「いつまでもそこにとどまらない」スタンスが、周りのスタッフにとっては結構受け入れ辛いものでもあった、ってあたりはなんとも複雑。んまあそんな天才がF1で再起を爆発させることが出来る、幸せな時代であったとも言えるのだろうけど。

個人的には産まれた時から「クラシック」を全身にまとったロータス78が最高に好きなんですけどね。あと、ロータス80の写真見てると、JPSカラーを失った瞬間にロータスの神通力も失われたのかもわからんなあ、なんて思ったことではありました。

[Anime] 定期視聴番組

日曜深夜の分。半笑い枠としては相当上等な「ナイツ&マジック」と今期の個人的にイチ押しの「プリンセス・プリンシパル」のカップリング。どっちも1クールものなのかね。もうちょっとお話たくさん見せてもらえたら嬉しいんだけど、そういう訳にもいかんのかな。

[Baseball] カテヘンカッタデー!

T5-5G。今の藤浪きゅんで負けなかったのは良かった、といえるのか。相変わらず四球で自らピンチを拡げてリードを吐き出す展開だな、藤浪きゅんは。

やっぱ阪神出た方がええと思うで。


2017-09-14 [長年日記] この日を編集

[Anime] 定期視聴番組

「アホガール」、犬、とてもいいヤツなお話。この世界では妹君以外はみんなそれなりに有能なのだね。ベクトルに差はあれど。「徒然…」割と苦手だった生徒会長とヤンキーガール組が意外に可愛らしかったことがわかる回。「Fate」は、いよいよもって敵味方の関係性が良くわからんことに。

[Baseball] カテヘンカッタデー!

T2-2G。まあマシな結果ではあるのだが、とうとう巨人が3位に来ちゃってるなあ。なんかこのまましれっとCS突破しちゃいそうな悪寒がすんだよね(^^;。


2017-09-15 [長年日記] この日を編集

[DVD][Anime][Chinema] この世界の片隅に(お買い物)

B0728MT782TSUTAYAに入ってたのでさくっと購入。ウチにはBlu-ray環境はないのでDVDの一番スタンダードなヤツ。TSUTAYAオリジナルブックカバーとやらをもらったけど、使い途は特になさそうね。文庫にゃデカいし、単行本だと寸足らずだし(w。

酒舐めながら鑑賞したけど、冒頭、「あれ、こんなだっけ?」と思った。劇場で見た時はたしか、まずはOPがあって、それからお話が始まってたような記憶があるんだけど、DVD版ではまず、すずさんが広島に海苔を持って行き、その後OPに繋がる構成になってた。こうだったっけ? OP曲もちょっと味付けが濃くなったような気が。劇場版は、ほぼコトリンコのヴォーカルのみのシンプルな構成だったような気がすんだけど、記憶違いかなあ。

映画自体は言うまでもなく傑作でいまさら何かを付け足すようなこともないけれど、本作、実は音造りが大変凝っていて、随所で音にびっくりさせられるので、絵以上に音のいい環境で鑑賞するのが吉ですね。


2017-09-16 [長年日記] この日を編集

[Day] お出かけ

台風が接近してるせいか風雨が結構強いのですが、予約しちゃったのでしかたない。ハーバーまで出かけて「ダンケルク」鑑賞。感想は改めて。Umieでなんかイベントやってたみたいで、結構な家族連れが集まってたけど、何なのか良くわからんかった。

ノーラン映画なのに(^^;100分少々というコンパクトにまとまった映画だったので、意外と時間が余った上に天気が悪いもんで外でジムバトルも出来ず、しょーがないから昼呑み2軒ハシゴしちゃった(w。そろそろビールからポン酒メインの季節になってきましたね。

[Chinema] ダンケルク

スタッフ
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス/クリストファー・ノーラン
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ/グレッグ・シルバーマン
出演
フィン・ホワイトヘッド
トム・グリン=カーニー/マーク・ライランス/バリー・コーガン
ハリー・スタイルズ/アナイリン・バーナード/キリアン・マーフィー
ジャック・ロウデン/ジェームズ・ダーシー
ケネス・ブラナー
トム・ハーディ
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

陸海空の時間

1940年、ドイツの電撃戦の前に為す術なく敗退したフランスに派遣されていたイギリス海外派遣軍の兵士、トミーは仲間を全て失い、ほうほうの体でダンケルクの海岸に辿り着く。そこはドーバーを越えて英国へ脱出しようとする英仏の兵士でごった返していた。だがドイツ軍がそれを見逃すはずもなく、彼らは激しい空爆にさらされ続けている。兵士達を救出しようとする英国海軍だったが、絶望的なまでに船の数が足りない。ここに至り英国は民間船の協力を要請。小型船「ムーンストーン」の船長、ドーソンも息子とその友人を伴ってフランスへ向かう。一方空中には、空爆の続くダンケルクに向けて急行する、ファリア達スピットファイアの小隊の姿もあった…。

ちょっと凝った構成になっていて、序盤に、1.海岸・一週間、2.海・一日、3.空・一時間、というテロップが入ってなんじゃいな、と思うんだけど、映画を見ていくとこれはトミー達海岸に集まった歩兵達、フランスに向かうドーソン達民間船、空を行くスピットファイアのそれぞれの時間を指してるんだな、ってのが判ってくる。つまりこの映画一本の中でトミー達の物語は一週間、ドーソン達のそれは一日、ファリアたちは一時間が経過する、という構成になっているわけ。初めのうちは時制をシャッフルしてるのかな? なんて思ったんだけどそう言うわけじゃなく、キャラクターによって経過している時間に差があるのだね。なので一つのエピソードが見るものによって異なる見え方がする、なんてシーンも随所に見られて、ああ、凝ってんな、とも思うしもっとシンプルに、ああ、その船に乗るのはマズいんじゃ…なんて見てる側が感情移入出来るようにもなっている。ここは上手いな、と思った。

お話はちょっと戦史に興味がある人なら先刻承知のエピソードなので、結果がどうなるかはわかっているのだから見どころは、窮地に陥った人びとがどのようにそれを乗り越え、なんなら人間的に成長していくさま、ということになると思うんだが、そこが一番上手く表現できているのはドーソン船長の船のエピソード、ということになるかな。おそらくここのパートが本作で一番味わい深い部分になると思う。それに比べると歩兵のパートは成長だなんだとか言ってられる余裕はないし、スピットのチームはぐっとプロの仕事に振っている感じかな。

ただいずれのお話も極めてパーソナルな視点に限定されていて、実際の戦局がどうで、各国の指導者達の思惑がどうだったか、とか言う方向はほぼ投げっぱなしなので、今現在の状況がどうなっているのか、なんてところは全く見えてこないので、これがどれほど危険な状況なのか、ってあたりも戦史に興味のない人にはちょっと辛いかも。「なぜかドイツの機甲師団が停止している」って台詞があった時に、オレらはその背景がわかるけど、そうじゃなかったらやっぱり切迫感の理解度に差が出てしまうかも。このあたり英米(仏)の観客なら周知の事実って事なのかな。

そのあたりの説明不足が、お話としての盛り上がりを少々阻害しているような気はする。一応登場人物達の勝利条件はわかっているけど、その勝利条件の障害になるものが少々不鮮明なきらいはあると思う。これをクリアした、と思ったら新たな障害が、って展開に乏しいのだね。

絵的な方はまあ悪くない。ただ、全体にスケールが小さめなんじゃないかなあ。実際どのぐらいのスケールだったのかは良くわからんけど、それこそ機甲師団を止めて、代わりに空軍で始末を付けるとゲーリングは豪語したんだから、一度にやってくるルフトヴァッフェの機体数、そんなもんかね?って気はするよ。迎え撃つRAF側も同様、つかスピットファイアの3機編隊はいいとして、Me109(『空軍大戦略』以来のイスパノ・メッサーご奉公)がばらばらで飛んでるのはなんなんだ? ドイツ空軍はロッテ(2機編隊)×2のシュヴァルムが最小単位じゃなかったか?

などという口うるさいオタクの文句を別にしても、海岸に向かう船、海岸で待つ兵士たち、いずれも少々数的な凄さ、が感じられなかったのが残念かも。「史上最大の作戦」級とまでは行かなくても、もう少しこう、こんなに民間人が集まってんだぜ、感が欲しかったかな。なんというか、手配できた船は全部出しました、それで完了です、的な絵なのがちょっと。結果この映画では、到底30万を超える兵士達が救出された、感がしないんだよなあ。そこは残念でした。あと、みんな思っただろうけどいくらスピットファイアが名機でも、フェザーでそこまでマニューバできねえだろ(^^;。

自分は通常の2Dで鑑賞したんであれだけど、IMAXで見たら印象は変わったか、というとどうでしょう。あちこちびくっとはしただろうけどねえ。

★★★


2017-09-17 [長年日記] この日を編集

[Day] 右肩下がり(肉体的に)

昨日の朝からだったんだけど、右肩が妙に痛くって。昨日はそれでもそのうち直るだろ、と思って出かけて映画なんぞ見て帰ってきたんだけど、夜になって傷みが大きくなってきて。ちょっと布団に横になっては痛くて寝てられなくて部屋に戻って椅子の上でうんうん唸り、また布団に戻ってはやっぱりしんどくて部屋に戻って、の繰り返し。結局2時間ぐらいしか寝れなくてやたら身体がしんどい3連休の中日。

まあ台風も来てるし、おとなしくしてようって事で、風雨が強くなる前に薬屋に行って湿布を買い、隣のローソンでサンドイッチを買って(右手使えないんで、左手でも食えるものを、ってことで)帰宅。昼はサンドイッチをビールで流し込み、晩はカミさんが握ってくれたおにぎりをみそ汁で流し込む一日でございました。なかなか痛みが引かねえっす。

[Day] 台風だー

かなり大きな勢力の台風18号、四国に上陸、近畿から北日本に抜けるコースを取ってるって事で。ウチの近辺では夕刻からかなり風雨が強くなった感じ。とはいえウチの周りはさほど大変なことにはなってなくて、一番の被害者は三宮にバイトに出てた倅が、神鉄が夜半に運転を見あわせたあおりを食らってタクシーで帰る羽目になっちゃった、ぐらいかな(^^;。とはいえ台風はこれから北日本、北海道の方に向かって進んでいくようなので、そちらの方面の方は気をつけて。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組

土日の分。「ボールルーム…」、天平杯の決着編。ああ、タタラ君とマコちゃんのカップルはこれでおしまいなのか。新しいパートナーが必要になると思うけど、入試の発表シーンでちらっと出てた女の子がそうなのかしら。「賭ケグルイ」杉田君のメガネが砕けて白髪になっちゃう話(違)。次が最終バトル? 「シンフォギア」、ビッキーがラスボスになっちゃう話。Gガンだと「お前が欲しい!」で我に返ってくれる系な展開なんですが、こっちはどうなるかな?

日曜朝、まあ予想どおりラッキーがオライオンさんの子孫だったのがわかる回。シシレッドのパワーアップでドン・アルマゲを倒したはずなのに現代に帰ってみると…。時間改編SF的にどういう説明がされるのか、ちょっとだけ楽しみにしてます。「ビルド」ライフラインが遮断されてるのに3国の首脳はなぜテレビ会談できるのか、というツッコミはさておき。今のところかなり良い感じだと思う。やっぱライダーはデザイン大事よね。W以来の良デザインなんじゃないかしら。

「直虎」、なにげに近藤殿が好感度アップしていく展開。高瀬ちゃんの今後が心配ですな。一応史実では相当長生きしたらしいですが…。

NHKスペシャルは夏なのか、ここのところ水物の比率が結構多かったような気がしますが今週のテーマは「黒潮」。とてもおもしろかったけどあのカツオ漁の漁師さんたち、特に命綱とかも付けずに一本釣りやりまくってたけど、落っこちたりしないのかしら、というすごくどうでも良い所がとても気になった(^^;。


2017-09-18 [長年日記] この日を編集

[Day] だいぶ楽になった

右肩。半日湿布貼ってたらさすがに痛みが引いてきた。だいぶ右腕上げられるようになりました。皮膚が弱いので湿布貼りっぱなしだと今度は肌がボロボロになっちゃうので、一旦湿布は剥がして様子見。一応薬屋に行って湿布を追加で買ってきたけど、何となく今ある分で何とかなりそうね。

台風のおかげもあったのか、連休中に古本の注文がなくって良かったよ。このタイミングで深い所にある本に注文いただいてたら、絶対泣いてたと思うもん(^^;

[Baseball] オワタ-!

T2-3C。広島優勝、おめでとうございます。シリーズを通じて完敗です。最後に意地を見せて欲しかったけどね。

これでCSに巨人来るとなると、いろいろお先真っ暗だな。まあこの成績で日本シリーズに出る、ってこと自体野球に失礼って気もしてはいるけども。

[Anime] 定期視聴番組

日曜深夜分。「ナイツ&マジック」、エルきゅんの「なんとぉーっ!」で笑った。正義だのなんだのはおいといて、とにかくロボットアニメのカッコいいとこを体現したい主人公、というある意味メタな視点がおもしろいっす。「プリンセス・プリンシパル」、堀川卿情報だと、プリンセスこそ動乱の大元、つまりプリンセスはアンジェをも騙しているって事になりそうなんだけどどうなんだろう。とにかく最後はオールスター・キャストで締めて欲しいですね。

[Books] 墓標都市

墓標都市(キャリー・パテル/著 細美遙子/翻訳) キャリー・パテル 著/細美遙子 訳
カバーイラスト K.Kanahira
カバーデザイン 岩郷重力+W.I
創元SF文庫
ISBN978-4-488-76901-7 \1340(税別)

ネオゴシック図書館戦争

地底800メートルに展開する地底都市リコレッタ。そこは数百年前に地上を襲った「大惨事」のあと、人類が作り上げたもうひとつの「地上」。かつての文明は一旦リセットされ、今ようやくヴィクトリア朝レベルの文明が拡がるこの街で、一つの殺人事件が発生する。被害者は"ホワイトネイル"と呼ばれる上流階級の知識人。現場に赴いた捜査官マローンは、上流階級とは思えぬ被害者の暮らしぶりにかすかな違和感を覚えるのだった…。

これも一種のアフター・ホロコーストものと言えるのかな。一度は壊滅した文明、その過程で一度地底に逃れて文明を継続させることになった人類。それから数百年が経ち、その気になれば地上で暮らすことも可能なのに、大多数の人びとは未だに地底世界での暮らしを選択している。そこはかつての大惨事の反省から、人びとに過分な知識を与えることを良しとしない世界。そのため民衆に行き渡る本は上層部から厳密に選択されている。そんな世界で知識を司る地位にある人物がなぜ殺害されたのか、をさぐる捜査官のストーリーと、それと並行して一般庶民のレベルで、洗濯女として働く少女、ジェーンの奇妙な巡り会いからの物語が並行して語られていく。

捜査官サイドの腕利き女性捜査官、マローンと彼女のもとに配属された新人捜査官、役者上がりのサンダーのコンビと洗濯女のジェーンとジャーナリストのフレドリック、彼らと出会う謎の人物、アルノーの物語が展開していくんだが、このキャラクタ達の造型がかなり良い感じで、そこはかなり楽しめる。お話は「プロメテウス」という謎のワードのもとに進展する事件を追って、先ほどの二組の登場人物達のストーリーがやがて交差してゆき、そこに過去のとある大きな事件の影が差して、という構成で、その構成自体はかなり上手に捌けている、とは思った。その舞台背景的な味付けからも伝わってくるネオゴシック風味というか、スチームが登場する前のパンク風味というか、そういう味付けはかなり上手く行ってると思うのね。

ただそれがSFとしてすごく面白いものになっているかと言えばそこは少々微妙で、これがゴシックホラーだったら「結構良いんじゃねえの?」ってなるけど、SFって言われるとどうかなあ、て気はする。どこがどう、とはっきり言えないんだけど、なんというのかな、SFとしては「物語」の方にかなり針を振った造りで、かつ、その物語がわりと肝心な所で説明不足になてるんじゃないかしら、と。逆にここの説明の案配が上手く行ってたら、SFとしておもしろいじゃん、ってことにもなったかも知れないんだけど。

もともとの原作がそうだったのか、訳出の都合でこうなってしまったのかは良くわからんけど、世界観をはっきりと見せるための説明が上手くいってないんじゃないのかな、って気はした。たとえばこの作品世界の一番肝心な所である、地上と地底の関係性とかが、ちょっと飲み込み難いものになってしまっているんだな。本作も例に漏れず三部作の一作目って位置づけらしいけど、このあたりのわかりづらさが次作以降のヒキの役割を果たしている、ということなのかも知れないが、どうだろう、最初にもうちょっと引いてくれないと、続きを読みたいと思ってもらえないかも知れないよ(^^;。

とはいえ先に述べたようなゴシック風味ミステリ、の面白さは一定レベルの担保は出来てると思うので、あまり深く考えずに読んでいくと良いのかも。続きへのヒキもそれなりに用意されてはいるし。個人的には映像向きな一作だな、とは思いました。マローン→スカーレット・ヨハンソン、ジェーン→エル・ファニングで映画化してもらっても良いかもな、って気はちょっとしたよ(w。

★★★☆


2017-09-19 [長年日記] この日を編集

[Oldbooks] 古書神来襲

うーんこれは……。いくつか商売は別にして自分が読みたい本もあったりするんだが、一応買取資金プールにも余裕はあるんだが、うーん、うーん。

売れるのか? なんだよなあ問題は。ちなみにこの場合の「売れるのか?」は、買い取ったものがそれなりの期間で買取資金を回収できるのか? という意味です。少し前にここを度外視してちょっと大きな買取をやったので、それをもう一回やって大丈夫? ってことですわなあ。

とか書いてる最中にさらに買い取り依頼が、うん、こっちは余裕で対応できるから良いけどね(^^;。

[Baseball] 広島優勝、であれこれ

今朝の朝日の朝刊、当然敗者の言が載るわけだが、DeNAのラミレス監督の言葉が洒落てた。曰く、まばたきしている間に3点取られている。上手いこと言わはりますな(w。

一方うっとこは掛布二軍監督の退任確定とか。自分は掛布さんは指導者の器じゃないんじゃないかって気はしてるんで、そこはまあどうでも良いんだけど、後任の候補が今岡or矢野ですと?

悪いけどそれは掛布以下じゃないですかね? どちらもコーチとしての資質はあると思うし、矢野はんは何年か修行したら、もしかしたら監督の資質を備えられるかも知らんけど。

どんでん岡田退任以降の人事の前倒しが、悪い方に働いておりますな。そらそうよ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

まなたけ [九州ホークスは、台風やら関東で決めるやら、びみょうな、ま、嬉しいんでしょけど^^;]

ROVER [んまあカープも決めたのは甲子園でしたしね。まあこっちは結構近かったですけど(^^;。]


2017-09-20 [長年日記] この日を編集

[Oldbooks] 古書神ごたごた

昨晩の依頼。440冊の買い取り依頼だったか(^^;。ちょっと値段を出すのに苦労したぞ。依頼主様がおそらく売りたい本主力とは、別のところにちょっと魅力を感じたんで買取自体は成功したら嬉しいんだけどさて、どうなりますか。

[Baseball] マケタデー!

T0-2G。だから巨人にだけは勢い付けさせたらあかんのだってば。


2017-09-24 [長年日記] この日を編集

[Day][Oldbooks] 読書の秋、かな

ちょっと涼しくなったのが原因なのかどうかはわからないけど、週後半くらいから結構ぽつぽつと古本のご注文をいただくことが多くなって、なんだかんだと倉庫番やって、梱包して発送して、はぁやれやれで一杯、って日々を過ごしてたら、日記サボりまくってたな。世間では米朝師匠がひどい口げんかしてたり(師匠はしてません)、野球の試合がめっきり減ったり(まあCSはいけると思うけど、3チーム目がどこになるかだねえ)、それなりに色々ありますが、まあそれなりに穏やかに毎日過ごしておりますよ。世間的には定年間近なオッサンなんだもの。そうそう派手なことも起こりませんわ。

とか言うてるそばからまとめて25冊のご注文。むー、明日は大忙しだ(^^;。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組

週末分。「ボールルーム…」、タタラ君って今まで中学生だったのか! びっくりだ。「賭ケグルイ」、最終回。うん、まあおもしろかった。続編も作れそうな造りになってるけど、どうでしょ、2期はあるかな。「シンフォギア」、ミクがビッキーを現実に引き戻す、ってのはまあ予想できたけど、もうちょっとこう、直接的に踏み込むべきだったのではないかしら。

日曜朝、んでなんでドン・アルマゲが現代で健在なのかについては特に説明がなかった「キュウレンジャー」、まあこの辺はおいおい、ってことなのかな。ナーガのパワーアップモードはそのまま使用可能って事は、他の戦士にもパワーアップ形態が用意されるって事なのかしら。「ビルド」、そのスカイウォールとやら、案外ザルなんだなあ、ってのは先週も言ったか(^^;。とりあえず本編スタート前の前口上がおもしろかった。

「直虎」、イケメンになった虎松君登場。彼を見るおとわの顔が「あ、こいつ直親ゆずりのイケメンクズ野郎や」って表情に見えたんですがそれは(^^;。デュケーヌ…じゃなかった寿桂尼さま最強でしたな(w。

[Baseball] マケタデー!

T0-2DB。うん、ええねん、追い付かれん程度にDeNAには勝ち星供給してあげて。とはいえこの後対横浜5連戦ですと?

嫌な予感しかしねえ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

まなたけ [ビルド やたら舞台の一幕物みたいな、会話の応酬が、楽しいです。 ま"あんだけ楽しくしないと、ファウストさんが庶民にし..]

ROVER [久々に滝和也的キャラが出てきて、そこもちょっと楽しいですね。ただ日本列島3分割、ってシチュエーション設定はちょっと大..]


2017-09-25 [長年日記] この日を編集

[Oldbooks] 終日古本屋

昨日いただいた25冊の注文を捌くべく、朝から大奮闘。今回はそれほど深い所にある本はなかったのでそこは良かったんだけど、クリーニングと梱包で一苦労。うーん、もうちょっと頑張ったら80サイズに押し込めたんじゃないかって気もするんだけど、結局100サイズで妥協。買い取り依頼のご返事なんかもあって、なんだかんだで夕方まで古本屋やってたよ。ギャラ振り込まれる日なのに、そっちの仕事完全にほったらかしで申し訳ない>Y嬢

[Anime] 定期視聴番組

最終回が二つ。「ナイツ&マジック」、大変楽しみました。あれだ、ディー先輩の成長物語として大変上等だったのでは。その他、ただ一人シリアス担当だったドロテアさん、ヒロインだっつーのにやたら不憫なへご、随所に挟まれるロボットアニメのパロディと、見どころたくさんでしたな。半笑い枠ではあるんだけど、時々大笑いできたし結構な拾いものだったのでは。

「プリンセス・プリンシパル」の方は逆に、ここまで良い感じだったのが最後の最後にちゃんと畳めなかった感じかな。まあこういう終わらせ方しかないのかも知れんけど、最終回の大団円感、は「ナイツ…」のラストの斑鳩の「じゃっ!」ポーズに完全に持って行かれちゃったよなあ(^^;。

んまあ語られてないCaseはまだあるので、2期作ってもらえたら嬉しいな。


2017-09-28 [長年日記] この日を編集

[Day] 衆院解散総選挙

いろんなニュースがありますが、まあ一番びっくりしたのはこれだよな、民進、希望と連携合意 高まる合流論、統一名簿を模索 (asahi.com)。共闘云々はともかく、党首が無所属で出馬するってどうなんだ? 政治家というのは(その素行はどうあれ)理想を語るのが仕事だと思ってんだけど最近はそうでもないのかね。椅子の数だけが問題なのかね。どうしようもない政権党よりはるかに質が低い対抗勢力に票が集まるとマジで思っているのかしら。だとしたら本気で救いようのないヤツばかりが政治に携わっているって事になると思うんだけど、どうなんだろうねえ。

[Baseball] カッタデー!

DB2-11T。微妙なんだよなあ。DeNAにはCSに出てきて欲しいんだ。巨人よりは御しやすいと思うから。でもうっとこが負け込むのも困るしなあ。複雑ですわ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

まなたけ [^^; 平啓一郎のツイッタ、での「我が闘争」大喜利が、受けましたよ!^^; 安倍さんは「我が逃走」 フォロワーが ..]

ROVER [民進の動きについて有田芳生氏が「トロイの木馬」発言して、TL上では「それ言うたらあかんやろ」ってツッコミ入りまくって..]


2017-09-30 [長年日記] この日を編集

[DVD] タカタカタカタカ!

B0007TFBFSブックオフうろついてて見つけた、「空軍大戦略」<アルティメット・エディション>なるDVD。950円、かつ本日は30%オフって事で650円ぐらい。つい嬉しくて買っちゃった。なんせ今ウチにあるのはLDだけなんでね(^^;。

つわけで久々に観たけどやっぱり良いねえ。飛んでるハリケーンとスピットファイア眺めてるだけで、ご酒もすすもうってもんで(w。

撮影時に結構な数の実機がほんとにぶっ壊された結果、フライアブルな実機が激減したとか聞きますがどうだったんでしょうね、実際のところ。確かにハリケーンが炎上してるとことか、本物っぽい感じもあるけれど。映像特典のメイキング映像とかはまた後日。

[Baseball] カッタデー!

G1-5T。前日の段階でCS行きは確定してて、今日の勝ちで2位も確定したようで、まあ良かったね。問題は3位にどっちが来るか、か。広島は巨人の方がやりやすいかも知れんけど、うっとこは横浜の方がちょっとありがたいよねえ。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2017年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
最新 追記
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp