ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2019-09-28) 最新 次の日記(2019-10-04)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2019-10-02 [長年日記]

[Books] 落下世界

落下世界 上 (創元SF文庫)(ウィル・マッキントッシュ/茂木 健) 落下世界 下 (創元SF文庫)(ウィル・マッキントッシュ/茂木 健) ウィル・マッキントッシュ 著/茂木健 訳
カバーイラスト 緒賀岳志
カバーデザイン 岩郷重力+W.I
創元SF文庫
ISBN978-4-488-77801-9 \1000(税別)
ISBN978-4-488-77802-6 \1000(税別)

カバーは縦に並べてみよう(w

目が覚めたとき、そこはずいぶんと小さな世界だった。しかもその世界は宙に浮き、余った人々が世界の縁から下に突き落とされている。目覚めた「彼」はそんな凶行を止めようとするのだが果たせない。自らに累が及ぶ怖れもあり目立った行動をとることが出来ない彼は、ささやかな数の同志たちとともに、この世界でのサバイバルを開始する。名前も、記憶も無い状態の彼にとって、唯一の手がかりは、自らの血で綴った謎の画像と、札入れに入っていた一枚の写真、それから落下傘兵の人形……。

で、彼は持っていた人形からインスピレーションを得て、パラシュートを作るんだが、それがもとでその世界から落ちてしまうことになる。落下を続ける彼がやがて目にしたものは前の世界と同じように宙に浮いている小さな世界で…、というお話と、こちらはもしかしたら現在我々が住む世界と地続きかもしれないけど、今よりはちょっときな臭さの増した世界。そこに住む親友たちのグループは、皆社会で一目置かれる研究者だったり政治家だったり。そのうちの一人、ピーターは危機的状況にある世界を救う切り札になるかもしれない理論をほぼ完成させようとしていた…、とお話は続いていく。彼の理論から作り上げられた装置はデュプリケーターと呼ばれるものだった、というね。

まず「彼」の方、落っこちちゃったことから自分をフォーラーと呼ぶことにした彼は、落下する先で遭遇する世界で様々な人と出会い、その出会いがさらなる謎を生んでいく。その出会いの裏にあるものとは、ってのと、ピーターの発明品が生んだ悲劇がもとで、友人たちの間に亀裂が入り、さらに世界は救いようのない状況に突き進んでいく。罪悪感を拭えないまま事態を好転させようとするピーターだったが、ってのが交互に語られる。ま、かなり勘の悪いオレみたいな読者でも、上巻の終わりぐらいには、ははーん、ピーターの発明品(名前から察してください)とフォーラーの出会う人々というのはそういうことで、つまりはこの二本線のお話は根っこは一本のお話で、つまりはフォーラー、イコール? ってとこはそこそこ容易に予想できるようになっている。

なので下巻以降のお話の興味の持続力は、ピーターの発明の何がフォーラーたちの世界を作ることになったのか、ってところに集中することになると思うんだけど、どうだろ、オレが頭悪いのかも知れんけど、そこにスカッと納得できる説明はしてもらえなかったな、って恨みはある。そこは残念だったけど、そこまでのお話の展開はなかなか楽しめた。記憶は無くしてるけど深層心理には何か残っているものがあるらしい、なんて描写とか、フォーラーが出会う人々にはある共通点があるんだけど、そこから拡がるハテナマークが、遡ってピーターの物語の方に直結する、なんてあたりは巧いなあと思った。終盤若干腰砕けですがそこまでは大変楽しみました。なかなかです。邦題はそれで良いのか(原題はFaller、「落下世界」ってよりは「落ちる人」ですけどね)って問題はあると思うけど。

★★★☆

[Anime][SpFX] 定期視聴番組

いろいろ、終わってる。「彼方のアストラ」は書いたけどそれ以外。順不同ですよ。「鬼滅の刃」、良いとこで終わっちゃった。原作の中でもかなり面白いと思った、これに続く無限列車編は劇場版で公開なのね。日野ちゃま大活躍、はお金出さないと観れないのかあ(^^;。「ダン待ちⅡ」「ダンベル」「かつて神だった…」「一方通行」はかなりよく出来た半笑い案件。「二回攻撃のお母さん」「チート魔術師」はまあ、鼻ホジしつつの半笑い。

「荒ぶる」「グランベルム」、頑張りは解ります。

継続中なの。「ありふれた…」は一回総集編が入ったので伸びてるのかな。「炎々」「Dr.Stone」はとても面白いと思う。なんか円盤のセールスは苦戦してるそうですが、うーん、まあなあ…。どっちも良いと思うけど、確かに保存版が欲しいかと言われると、ちょっと…。「ヴィンランド…」もそっち系ですかね。

ニチアサ。戦隊版「ミクロの決死圏」だった「リュウソウジャー」がとても良かった。アスナの演技がすばらしかったです。ナギさん、新たな騎士になるんじゃなく闇落ち担当なんでしょうかね。「ゼロワン」もまあ。でもやっぱり、ここまで社会問題になってしまったら、一度ヒューマギアはすべて動作停止すべきなんじゃないかしら。あれか? HOS搭載しちゃったレイバー問題なのか?


Google search
www.bumbunker.com
Web
2019年
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

  • 2019-11-25
    • 1. シンギュラリティ・トラップ
  • 2019-11-24
    • 1. 足痛い
  • 2019-11-23
    • 1. 法事だった
  • 2019-11-19
    • 1. まーたサボってた
    • 2. 定期視聴番組
    • 3. 宇宙軍士官学校 攻勢偵察部隊(フォース・リーコン) 5
  • 2019-11-13
    • 1. 折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー
  • 2019-11-11
    • 1. お掃除魔神、来襲
    • 2. 定期視聴番組
  • 2019-11-05
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. 訃報

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp