ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2019-11-24) 最新 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2019-11-25 [長年日記]

[Books] シンギュラリティ・トラップ

シンギュラリティ・トラップ (ハヤカワ文庫SF)(デニス E テイラー/金子 浩) デニス・E・テイラー 著/金子浩 訳
カバーデザイン 早川書房デザイン室
ハヤカワ文庫SF
ISBN978-4-15-012254-6 \1100(税別)

割と真面目なメタルマン(w

技術はあってもなかなか有利な職に就けないでいるコンピュータ技術者、アイヴァン。苦境を逆転しようと探鉱船<マッド・アストラ>のコンピュータ担当者として乗船する事に。ベテラン揃いの<マッド・アストラ>だったがここ数回の航宙ではツキに恵まれず、今回の航宙が空振りに終わると船を売り渡す羽目になる。乾坤一擲の探鉱航宙だったが、彼らはきわめて貴重な重金属を多数含む小惑星に遭遇、全クルーが億万長者になれるだけの資源を獲得できそうだった。だが詳細を調査しに向かったアイヴァンたちの目の前に、不可解な物体が……。

で、謎の物体とアイヴァンのコンタクトはアイヴァンにとって重大な変容をもたらすものとなり、その変容がコンタクトを仕掛けてきた超種族にとっては数千年のタイムスパンに及ぶ目論見の一環だった、って事が判ってきて…、てな展開。語られるのは銀河系レベルの超種族間のパワーゲームに巻き込まれた1人の人間の闘い、って事になる。「われらはレギオン」の作者による新作。おそらくシリーズ化も考慮しているんだろうが、そちらの作品同様、こちらも重たくなく、気軽に読んでいけるお話になっているところはポイント高い。主人公のアイヴァン君は考えてみたら結構悲惨な環境に叩き込まれているんだけど、そこで過剰に落ち込んだりすることはなく、常にポジティヴに自分の立ち位置を分析し、そこから望める未来を掴み取ろうとしていく展開は悪くない。

ただまあ、同時に突っ込みどころも満載なのは否定できない。数千年のタイムスケールでプロジェクトを実施する超種族には不倶戴天の敵の存在がある、ってのはそれ、緊急性の問題とか大丈夫なんですか? とか、ナノテクがあったら何でも出来ちゃうのはどうなんですか? とか、そもそもアイヴァン君はこのお話の中で最終的にどういうポジションの存在なんですか? とか、突っ込もうと思ったらいくらでも突っ込みポイントがあるんだよね。

何となく続編も造りたい気満々だけど、そっちはどうでしょうね。これ本体ならまあ、暇つぶしには上等な一作と言えると思うけど。

★★★


Google search
www.bumbunker.com
Web
2019年
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ここ1週間分の話題

  • 2019-11-25
    • 1. シンギュラリティ・トラップ
  • 2019-11-24
    • 1. 足痛い
  • 2019-11-23
    • 1. 法事だった
  • 2019-11-19
    • 1. まーたサボってた
    • 2. 定期視聴番組
    • 3. 宇宙軍士官学校 攻勢偵察部隊(フォース・リーコン) 5
  • 2019-11-13
    • 1. 折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー
  • 2019-11-11
    • 1. お掃除魔神、来襲
    • 2. 定期視聴番組
  • 2019-11-05
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. 訃報

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp