ばむばんか惰隠洞

追記

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2019-09-15 [長年日記] この日を編集

[Day] メガネ受け取り

画像の説明発注したのは先週なんだけど、できるのは一週間後って事で本日が受け取り日。前回はほろ酔いで発注しちゃってお店の人に悪いな、って思ったので本日は先に眼鏡屋さんに行って、それから呑み(呑むんかい)。前の眼鏡よりもちょっぴり大きくなっているのは、左眼がやや悪い→レンズが厚くなる→あまり小さなフレームだとレンズのはみ出しが気になるかもしれない、ってことでお店の方から奨めてもらったの。

店頭でチェックしてみた限りは特に問題はない感じ。今回は初めて単一タイプのレンズじゃなく、中近両用というタイプで、上の方はディスプレイ見る用、下の方は文字を見る用、って事になっている。

お店ではあまりよく解らんかったけど、実際家に戻って使ってみると、ディスプレイを見る方はまあまあくっきり、下を見る側はどうだろ、若干見辛い感はあるかもしれないな。読めないことはないんだけど、これだったら本屋さんや100均で売ってる読書用ルーペとか老眼鏡でも代用できるような気がしないでもない。

まあこの辺は慣れていったらまた違ってくるのかもしれない、ので使ってみます。あと、前のメガネも捨てるんじゃなく、お料理用として使っていこうかなって考えてる。仕事用、読書用、書き物用、料理用、なんか知らんがメガネがどんどん増えていくな(^^;)


2019-09-13 [長年日記] この日を編集

[Books][Kindle] Kindle本を二冊

半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義(宮崎 駿) 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)(牧村康正/山田哲久) ちょっと前からぽちぽち読んでたもの。「半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義」と「「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気」。前者はまあ、自分の知らない世界線にいた人が語る良き、または良くあるべき世界観。全然違うものだけど、なんか湯木貞一さんが「暮しの手帖」で連載していた「吉兆つれづれ話」(だったかな)のテイストを感じてしまった。心地よさの裏には膨大な努力があるべき、的な? 総じて軽い読み物ではあるんですが、矜持を持ったじいさま達ってのは侮れねえなあ、ってのも同時に感じるあたりは、さすがなのかもね(w。

もう一冊は何年か前に話題になっていたもので、買いそびれてたらいつの間にか文庫になって、さらに電子書籍化に当たって加筆もされていた(上に安くもなってた)もの。なんというのか、西崎義展という人を「突破者」として評価することも可能なのだろうけれど、そういう自分が作ったポジティブな面を、自分で全て台無しにしてしまう生き方ってのは、いったいどういう力が働いたからなんだろう、なんてことを考えてしまった。

世の中には憎めない悪党、ってタイプの人も居るにはいる、でも西崎はそういうタイプじゃない。にもかかわらず、彼の許には彼とともに博打を打とうと思う人材が集結する。その求心力って何なんだろう、ってこと。いや、それは求心力とかではないのかもしれない。もっと強力な、ブラックホール的な何か、だったのかも。

自分はそういうところは怖くて近寄れない。でも、だから自分には一攫千金は絶対無理だなあ、なんてことを改めて納得してしまったよ。こうはなりたくない、でもここまでやらないとトロフィーは掴めない(掴み続けられるとは限らないんだけど)。そこに飛び込めるかどうか、ってのが人の一生に大きな選択肢として立ちはだかるのだろう。大抵の人はそこの選択肢ゲートは迂回して先に進むんだけど、希にそのゲートにまともにぶつかる人がいる。その時その人物に待っているものとは、と考えるとちょっとだけ西崎義展に親近感を持つ…のかなあ(^◇^;)。


2019-09-09 [長年日記] この日を編集

[PC] フォント問題

何となく解決したかも。Windowsディレクトリ下の\system32にあるFntcache.datを削除して再起動することで、フォントのキャッシュが再構築されて状況が良くなることがあるとか何とか。試してみたんですがウチの環境では正解でした。Win10のフォントマネージャでは変化がないんだけど、これまで日本語フォントが反映されなかったアプリケーションでも、無事に日本語フォントが使えるようになっていた。Win10のフォントマネージャでは変わりはないんだけど、これは古いフォント(なにせWin95時代のダイナフォントだからね)だと日本語部分が認識されない、って事なのかしらね。

ま、自分の環境では問題解決したのでおっけーです。

[Anime][SpFX] 定期視聴番組

そこそこ追いかけてます。順不同で、お話なり作画のレベルで引っ張ってくれる「ヴィンランド」「鬼滅」「炎々」「アストラ」「エルメロイ」「Dr.Stone」、主にお話で引っ張る「荒ぶる」、割と半笑いなんだけど悪くない「ありふれた」「このすば」「通常攻撃」「異世界チート」って感じかなあ。ニチアサはどちらもいいですね。「ゼロワン」、音楽がとても良いと思う。上がるよね(w。


2019-09-08 [長年日記] この日を編集

[Day] 何を言ってるかわからねえと思うが…

古本発送に出かけたら眼鏡を発注してたんだぜ(w。

古本を2件発送する用事があって、土日は近所の特定局じゃなく、西鈴蘭台の神戸北局に出かけるわけで、そっちに行ったら当然発送後に近所の焼き鳥屋で一杯やるわけで。いい感じに酔っ払ったところで焼き鳥屋のトイメンのスーパーで適当に買い物して、スーパーの二階の本屋とか百均を軽くひやかして、ってのがいつものパターンなんだけど、同じフロアにある眼鏡屋さんにちょっと興味惹かれて商品眺めてたら、店員さんに話しかけられちゃって。いつもだったら適当にあしらって退散するんだけど、酒入ってたせいか、ついついまともに対応してしまい、気がついたらよくわからん装置を眺めて、「左右どちらがはっきり見えますか?」やら「今とさっきのどっちが見やすいですか?」とかの質疑応答に入ってた。結構時間かかった(といっても30分ぐらいですが)けど、一応このあたりだろうというセッティングが出てきたんで、こんだけやってくれたんだから注文しないのも悪いよね( ̄▽ ̄;)。

ってことでメガネ発注。今使ってるメインのメガネは5年くらい前にあつらえたものなので、まあ換え時といえばそうなのかも。念の入った検査のせいなのか、今回はお値段17000円也。何でも左目がかなり悪くなっているんだとか。

来週の日曜日に上がるそうなんで、また酔いどれてお店に行くことになりそうね(^^;)。


2019-09-07 [長年日記] この日を編集

[PC] 文字でトラブル

ぽつぽつ使用してみての雑感としては、そうだな、webブラウジングが大変快適になった、のが大きいかな。昨今のblogはアフィリエイトやら広告が満載で、ガッパ君だとここを解釈するのに時間がかかり、プログレスバーがしばらく止まってしまうんだけど、ギララ君はそこはほんの一瞬止まって、すぐにページが表示されるようになった。メモリはガッパ君の半分なのに表示が快適なのは、やっぱCPUパワーなんだろうな。とはいえそれ以外では、特に速くなった感はしないかも。そもそもそんな重たいツール、使わないからね。LightRoomとか使ったらどうなのか、はそのうち試してみる。

そんなことより文字がらみでちょっと困ったことが。いくつかのフォントがインストールされているのに日本語が表示されない現象が発生してる模様、なんだけどツールによってはちゃんとフォントが認識されたりしているのがさらに謎。なんか理由はあるんだろうと思うけど、今のところ解決策は見つかってない。後で調べてみよう。

もう一点、プリンタドライバがインストールできなくて困った。製品に同梱されてたCD-ROMからインストールしてみると、ファイルのコピー→機器の認識までは進むんだけどそこから先、黙り込んでしまうのね。試しに無線LAN経由だとちゃんとプリントできるんで、キカイが壊れたわけではなさそう。

んで、試しにキヤノンのサイトからドライバをダウンロードして実行してみたら、こっちはちゃんとインストールできるのね、どゆこと?

まあ動いたからいいか。あとはユティリティをインストールすればいいか。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2019年
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ここ1週間分の話題

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp