ばむばんか惰隠洞

追記

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web


2018-08-15 [長年日記] この日を編集

[Books] われらはレギオン 2 アザーズとの遭遇

われらはレギオン2 アザーズとの遭遇 (ハヤカワ文庫SF)(デニス E テイラー/金子 浩) デニス・E・テイラー 著/金子浩 訳
カバーイラスト EVILIT
カバーデザイン 早川書房デザイン室
ハヤカワ文庫SF
ISBN978-4-15-012189-1 \1000(税別)

ナードなAIたち、銀河でポピュラスに興ずるの巻

クローンAIを量産しながら銀河系宇宙に広く分散していくボブたち。地球人類の移住先の探索とその先での援助活動、地球に残る人類への援助、先住民族の文明レベルの上昇、さらには超空間通信の開発、ゆくゆくはAIを搭載するためのアンドロイドの開発……。ボブたちの事業は多岐にわたっていた。そんなある時、外宇宙を探査していた一人のボブが恐るべき発見をする。かつて文明があったと思われる星系、だがそこはあらゆる生命が消し去られ、目立った鉱物資源があらかた持ち去られてしまった世界だったのだ。この宇宙には容赦のない簒奪者が存在するというのか……。

ボビヴァースシリーズ、第2弾。前作が割とイケイケゴーゴーな感じだったとしたら、本作は割とあちこちで負け戦が続く上に、何やら不気味な強敵の存在が明らかになって…、という。まあ「帝国の逆襲」ですね(w。

基本的には前作で遭遇した様々な惑星で、良かれと思ってやった変革が、実はそうしてこなかったことには理由があったのだ、とか、地球に残る人間たちのなかに(肉体のない)AIのサポートによる移民政策に異を唱える過激な連中が現れ、蛮行に及ぶようになってた、とか、そしてとどめは他者(アザーズ)と呼ばれることになる異星文明の登場。おそらく現状のボブたちを凌ぐ技術力と文明のスケールを持った種族、しかもそれは今、ボブたち、さらに彼らと関係を持つことになった異星文明、さらにはその大元となる地球の存在を察知し、その進撃のコースを地球に向けているらしい、と次々に問題が発生してくる。

そんな、負け戦が続くなかでもボブたちは持ち前のヲタク・スピリットで前向きに問題を解決していこうとする、ってあたりが本書の見所か。地球のテロリストへの対抗策、自らが指導していた未開種族からの失われた信頼の復旧、AI故に不可能と思われていた「五感」の再獲得、そして強大な敵への対抗策と、やらねばならないことは山積みなんだが、ボブたちは一致団結(まあ、もとは同一人物ですから(^^;)して事に当たる。しかもあまり悲壮感を持たずに。ここがとても良い。

あと、ここが本シリーズの最大の美点だと思うんだけど、しばしば英米SFがはまってきた、「神」というものを何か特別な存在として扱う、ということを一切やってない、ってところなんじゃないだろうか。割とキリスト教的な見地からしたらタブーになるんじゃないか、みたいなところ(命というものの扱いとかね)にも平気でずんずん踏み込んでくるあたりがなんだか気持ち良い。最近の海外SF、わりとそういう傾向はあるのかも知れないけど、しばしば「何でそこで神を出すかなぁ」と思ってきた身からするとこういう展開、意外と新鮮だし、ちょっと嬉しい。

いろいろ要素が増えた分、前作での敵キャラが今回ちょっと薄味になっちゃったところもあるにはあるけど、良い続編になってると思います。完結編が楽しみですわ。

どうでも良いですけどアザーズたち、かつて中国が送り出した探査宇宙機を捕獲したために、人類とのコミュニケーションに中国語を使う、ってのは何らかの悪意コミ、なんてことは(^^;……

★★★★


2018-08-14 [長年日記] この日を編集

[Day] 手を合わせてきた

画像の説明倅もバイト休みだったので一家揃って春日野道の納骨堂。今回は他所のお宅で扉を開けたままにしていたところがあったので、失礼してちょっと覗いて回ったりしたんだけど、あれね、神戸の方は骨壺が小さいから、壺以外にも故人のお写真とか愛用してたものとかを一緒に収められるのですね。ウチは富山でやったんで骨壺は結構大きくて、父母の壺を収めたら、他は何にも入んなくなっちゃうんだよな(^^;。

ほなまた来るわ、ってお寺を後にして、「ちょっと一杯引っかけて帰るか?」つったんだけど、一行の同意を得られなかった(奢るぜ、つってんのにさあ…)ので、一人で新開地の串カツ屋で高校野球見ながらビールと串カツ。うーん、オッサン(w。

湊川公園は何やらイベントの準備中。テントやら長椅子やらが用意されてたりするんで盆踊りとかではなさそう。終戦関連か何かですかね。


2018-08-13 [長年日記] この日を編集

[Oldbooks] この上まだ不便になるのか…

ゆうメール基本運賃の改定について(日本郵便)。これまでは少々分厚くなっても「規格外」を受け入れればゆうメールで送ることが可能だったモノが、9月からはついに、厚さが3Cmを超えた時点で、一切取り扱ってくれない、ということになった模様。まあレターパックでかなりカバーは出来ると思うけど、やっぱり痛いよなあ。

冊子小包、復活させてくれんもんですかね、日本郵便さん……。


2018-08-09 [長年日記] この日を編集

[Comics] フジリュー版銀英伝

銀河英雄伝説 1 (ヤングジャンプコミックス)(藤崎 竜/田中 芳樹) 少し前にブックオフで1巻を見つけて購入した藤崎竜版の「銀河英雄伝説」。1巻はさすがにそんな大きな動きが無いこともあって、「ふふん」くらいで放ったらかしにしてたら倅が発見して「貸せ」と。「続きも読みたいかね」と聞いたら「まあ」ってことだったので残りをまとめて購入。コミックスのまとめ買いなんて久しぶりだ(w。

とりあえず最新の10巻まで買ってきて読んでみた。倅は「フジリュー先生って真面目なんやね」なんて言ってたけど、そりゃまあ古典に比べたらアレンジの自由度は狭まるだろうね。ファンの多い作品でもあるし。

んでまあ読んでみた感想としては、こりゃなかなか、って感じかな。倅の「真面目」発言はともかく、原作の流れをかなり忠実に、外伝なんかのエピソードも上手に挟んで来ている。あと、ちゃんと©加藤直之、になってるのが偉い。やっぱブリュンヒルトはあのデザイン以外はナシだろう、って、わかってますね(w。

小説版はともかく、絵的にはOVA版、道原かつみさんのコミックス、んでから最近のノイエなんちゃらアニメとあるわけだけど、キルヒアイスの忠犬っぷりはフジリュー版が最高なんじゃなかろうか。OVAも良いんだけど、あれは少年時代のジークがちょっとオッサン顔なのがマイナスなんだよな(^^;。あと、さすが藤崎竜って感じだけど数少ない女性陣はみんな魅力的。このアンネローゼ様なら皇帝が大金払ってもおかしくないキレカワっぷりだし、フロイラインのアレンジも面白い。男性陣は旧作で人気のあった帝国の双璧とかは昔のテイストを大事にしてる感じ、同盟側は結構弄ってきてるのかな。主役の二人も悪くないと思います。幼い頃のラインハルト様が「幼女戦記」テイスト感じちゃう以外は(^^;。

ちょっとうーん、はトリューニヒトがちょっと小悪党感が前に出ちゃってるあたりですかね。あの人、悪党なんだけどそれなりに人心掌握には長けた人物なんで、押し出し的にはもうちょっと立派な人感があった方が良いと思うんだけど…。

いちお、最新10巻で皇帝崩御までお話は進んでるんだけど先は長そうですね。しばらく楽しめそうね。


2018-08-08 [長年日記] この日を編集

[Day][Photo] クレーンだー

このクソ暑いのに仕事とかやってられっかー! ってわけで、あと未読本のストックも減ってきたのでハーバーランドへ。んとね、河出から出てるはずのヴォネガットの本が見つからなかったんだけど発売遅れたりしてるのかしら。とりあえず2冊ほど確保してあとはお散歩。今日のハーバーランド、「日南」ってロゴの入ったシャツを着た男の子をちょくちょく見かけたけど、ああ、今日の甲子園の第1試合の出場校だったのね。どうやら試合も勝ったようで、(まあ選手諸君ではないだろうけど)おめでとさんでした。あとはいつものように立ち飲みでぷはー。

画像の説明ほろ酔いで地上に上がると湊川公園は今、兵庫区役所の建て替え工事が始まっていて、公園の一部を掘り返し、フェンスを立て、今は巨大なクレーンがドドンと立っているんだけど、やっぱ大きな機械を間近で見るのは楽しいね。つことで写真を何枚か。

画像の説明

画像の説明これ、たまゆら映ってね?(違います)

画像の説明おまけ。とにかく郵便ポストの赤が強烈で気になって撮ってみたんだけど、写真で見直してみるとそーでもなかったかも。ファインダー越しに見てる時は気がつかなかった(酔ってた、とも)けど、赤い自販機やらオバサンやら、映り込んじゃってるし…。もう3歩ぐらい、寄るべきでしたね(^^;。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2018年
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

甘くないぜえ

今風、とはこういうこと…なのかなあ。

歌うマイルズ君

主任SF!

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2015 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp