ばむばんか惰隠洞

追記

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2019-10-14 3連休だった [長年日記] この日を編集

[Day][Baseball][News][Anime]

特に変わったこともなく、テレビとネットをザッピングしつつ、カミさんのご飯を作る日々、たまに飲みに行く、みたいな。こちらでは台風は土曜の午後ぐらいが最接近だったんだけど、確かにかなり風が強かった。木曜と土曜は王将に出かけてひとり飲み会するんだけど、ちょっとチャレンジしてみるか、って外に出てみたけど、風が猛烈な上に雨も降ってたんで、さすがにこれは止めとこう、と。金曜日に多めに買い出ししといたんで、引きこもり決定。おかげさまでうちの方は大きな被害もなかったけど、関西でも被害はあったし、東日本は洒落にならない状態のようで。被害に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。

マケタデー! とカッタデー! 一件ずつ。負けたのはタイガース。んまあ、ここまで良くやった、ということにしとく。来年はがんばって欲しいけど、メッセは引退、バードは退団、大砲不在でどれくらいやれるものなのか。勝ったのはW杯ラグビー。何となく見てたんだけど途中から目が離せなくなった。前半は快調だったけど、後半、特に7点差まで詰められた残り30分以降は、スコットランドの怒濤の逆襲でちょっと胃がキリキリしたな。残り10分ぐらいまで何とか堪えてたけど、いつトライ食らってもおかしくなかったような。よく考えたら残り10分で1トライ1ゴールもらっても同点なんだから、決勝進出はほぼ確定してたんだけど、いやードキドキしました。ブレイブブロッサムズ、おめでとう! 決勝でもがんばって。F1、メルセデスがコンストラクターズ取ったのね。強かったなあ。

テレビ方面。レコーダーはガブガブ録画してくれてるんだけど、見る方が追いつかんわ。今日までに見たもの、「ノー・ガンズ・ライフ」「厨病がなんたら」「炎々」「歌舞伎町シャーロック」「ハイスコアガール」「戦×恋」「SAO A」「耐え子」「本好きの下克上」「僕たちは勉強ができない」「FGO なんたらかんたらバビロニア」「グランブルーファンタジー」まで。2期はおいといて、新番組の方を。

「ノー・ガンズ…」、「かつて神だった…」同様、戦争のために人体改造された人間、ただしこっちは獣人と言うよりは改造人間か。ノリは軽め、ただ主人公の声が諏訪部さんなので、なんかそれなりに上等なものに思える、かも(錯覚かもね)。

「歌舞伎町…」ええとあれだ「文豪なんちゃら」とか、ああいう感じ? アダルティでハイセンスでスマートなアニメ版月9案件? 劇中、ワトソン君が医師としてそれなりに有能、って描写があったのに、そこに誰も反応しないのはどうなんだ? とか思った。

「耐え子」はまあいいや。「本好き」、ん? 1話目録り損ねてる。アマプラとかにあるかなあ。で、2話からのスタートですが、うん、これは割と良いかも。おはなしはまあ、Dr.StoneならぬDr.Vibrioみたいな。異世界で5歳の病弱な少女に転生した本好きの女子大生が書物のない世界で何とか本を読みたいという欲望をかなえようとして、みたいな。今のところは自分で紙(またはそれに類するもの)を入手して、そこに文字を綴りたいという欲求で動いているけど、サブタイトルから鑑みるに、ゆくゆくはいくらでも文字に触れられる司書を目指すようなお話になるんでしょうか。キャラのプロポーションがちょっと変だな、と思ったけどこれは原作でもそうなってるらしいのでまあしょうがない。地味目だけどちょっと良いかも、って気はします。

「FGO」、ピンク髪で片目隠れてるキャラって他にもいなかったっけ? まあ良いけど。そりゃFateシリーズなので絵的な見応えは抜群。やり過ぎなんじゃないかって気もするけど。お話は…よく解らん( ̄▽ ̄;)。

「グランブルー…」こちらもゲームの方は全然知らないのでなんとも。ゲームのCFなんか見ると、主人公の青年はもう少し少年寄りなんじゃないかと思うけど(つまりちょっと老け顔じゃね?)、それ以外はまあ、特に欠点はないような。良質の半笑い案件かと。

とりあえずここまで。あ、二期スタート分はどれも良いんじゃないですか。「ハイスコアガール」が前期、途中脱落しちゃったので悪いとは思いつつ定期視聴からは外すかもしれないな。


2019-10-11 [長年日記] この日を編集

[Anime] 定期視聴番組

新番組、「私、能力は平均値でって言ったよね!」と「アサシンズプライド」。「のうきん」と略すのですね、の「私、…」、いろいろ優秀で逆に友達が出来なかった女の子がお約束で異世界に転生したときに、そちらの世界では全てにおいて平均的な能力を振ってくれ、って頼んだのに、そちらの世界の生物の中ではドラゴンがトップレベルなので、彼女は最強のドラゴンの半分の能力を振られちゃって…、って話。まあちょいちょいパロネタ仕込んだりと面白いけど、その能力は平均値じゃなくて中間値、なのじゃないのかね?

「アサシンズ…」はまあ半笑い枠。主人公が世界観やらなんやら、全部台詞で説明してくれるので、解りづらさはないね(w。

その他、ケモナーレスラーさんの話、意外と面白いのかも。豊崎愛生劇場も好調ね。喉、いたわってくださいね。

[Baseball] カッタデー!

久しぶり。というかこんなにいつまでも野球やりたがってるタイガース見るの、初めてかも解らん(^^;。

[Day] 台風接近

非常に強力ということですが、今回は関西はかする程度で済みそうだけど、関東、東海は直撃コースらしくて。ツイッタランドでは養生テープを貼る方が良いのか、貼らん方が良いのかで盛り上がっているようですが、何はともあれ東日本の皆様、お気をつけて。


2019-10-10 [長年日記] この日を編集

[Anime][Chinema] 定期視聴番組とサンテレビ(様)で映画

週前半分。終わったもの、「ありふれた…」こちらは二期も決定してるらしく、まずはめでたい。序盤のハジメ君の苦労話側がかなり面白かったけど、俺ツエー、になってからもそこそこ楽しめた。

新番組、「Fairlygone フェアリーゴーン」「神田川JET GIRS」。「フェアリー…」これ二期目なのね。そういえば一期も最初の方は見てたような記憶があるんだけど、なんで見なくなったんだろう。「神田川…」、全然前情報なしで見たんで、競艇選手をめざす女の子の話みたいなものかと思ったんだけど、そんなことはなかったぜ。競艇要素もあるけど、そこに騎馬戦的な要素も加わったようなジェットボートのお話。えと、面白いのかも知れない、けど登場人物が軒並み巨乳ってのはどうなんだ? おっぱいはいろいろあった方が良いと思うぞ。この二作に続いて「プリンセス・プリンシパル」の再放送が始まってて、ごめんなさい、こっちの方がちょっと嬉しいです(^^;。劇場版公開に向けてのプロモーションって事なのかな。

さて、今月のサンテレビの「シネマスタジアム」、ジェイソン・ステイサム祭りと銘打って、彼の主演作品を4本放映してくれるんだけど、一週目は「メカニック」、続く今週は「ハミングバード」。なぜか二本とも見ちゃった(w。

メカニック [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 「メカニック」はブロンソン主演で作られたもののリメイク版。まあなんだ、「祭り」ですから一発目は景気の良いのを、って企画意図はよく解る。ステイサムの無敵っぷりを楽しむ映画で、そういう見地からしたら全く文句なし。作品中で吹き飛ぶジャガーEタイプは、あれはプロップだよね? 本物吹っ飛ばしたりしてないよね?

ハミングバード スペシャル・プライス [Blu-ray] で、もう一本の「ハミングバード」、こちらは英国作品、ってのがキモになっているのか、とてつもなく渋いクライム・サスペンス。先週との共通点を敢えて探すなら、主人公はいきなり仲間を5人殺されてブチ切れた、ってあたりかな(w。序盤は無敵からはほど遠いステイサムが、いくつかのきっかけで自制を取り戻し、マシーンとして再生するのだが一つの出会いが彼の心に一つの波紋を投げかけて…、みたいな。

完全無敵、な側面もあるけど同時に弱いところもある男、をしっかり演じきったステイサム。この人意外に演技派としてもやっていける役者なのかも知れないな、なんて思った。大変結構でした。


2019-10-08 [長年日記] この日を編集

[Books] 時空大戦 3 人類最後の惑星

時空大戦 3 人類最後の惑星 (ハヤカワ文庫SF)(ディトマー アーサー ヴェアー/月岡 小穂) ディトマー・アーサー・ヴェアー 著/月岡小穂 訳
カバーイラスト Justin Adams
カバーデザイン 早川書房デザイン室
ハヤカワ文庫SF
ISBN978-4-15-012248-5 \1080(税別)

AI、お前タイムリープしてね?

壊滅的な打撃を受け、今はテラ・ノヴァと名付けられた惑星に避難しているシャイローたち。なんとか反攻作戦を練る彼らの許に、謎の異星人の本拠地らしき星系が発見された、との知らせが届く。しかもそこは今、新たに出現した謎の巨大宇宙船の攻撃を受けていた。困惑しているシャイローたちの許には、さらに新たなる異星人のメッセージが。彼らこそがシャイローたちに幻視のメッセージを届けてきた存在だったのだ。ようやく地球人類に対して敵対的では無い種族と遭遇したシャイローたち。フレンドリー族と仮に名付けられた彼らからは、幻視の真相とさらなる人類に対する要請が届けられるのだが…

今まで謎の存在だった異星人にはソーガ、なる名称が付き、彼らを無慈悲に殺害し続ける巨大宇宙船にはアリ型の昆虫型異星人が登場。さらにはフレンドリー族からは、モフモフで平和的な異星人の救済要請がシャイローたちに届く。地球人類を遙かにしのぐ文明レベルにあるフレンドリー族だったが、戦闘的な性格を持たぬが故に、多種族を積極的に援助するような方面での文明、技術的なレベルはむしろ人類以下だった、なんてな展開と、例によって実に魅力的なAIたちがフレンドリー族の超文明を巧いこと利用して(w、究極的な破滅を何とか回避しようとする、ようなお話が絡んでくる。んで、そこのところの展開はそれなりに面白い。ただですね、

これは個人的な趣味なのかも知れないが、ちょっとツカミで一言言っちゃってますけど、タイムトラベルで一件落着、はちょっと好きじゃないなって気はしちゃう。今のところは「それやっちゃったらなあ」感もなしとはしない。時空を超えてやってきた存在(しかも人間ですらない)をそんなにあっさり信用して良いの? とか、割と些細なところで気になっちゃうんだよね。もちろんお話は完結してないので、この先にもう一ヤマ来るんだろうとは思うし、そこは楽しみではあるんだけど、本書単体でって事だと、ちょっとうーん、って思ってしまうかな。時間が最終巻って事なので、あっと驚くどんでん返しを期待します。

以下余談。ぼやーんと読んでても、人類に対して友好的なポジションの超種族、なんてのが出てくると「ははーん、コイツらそんな良い連中じゃねえな」って鼻ひくひくさせる程度には自分もスレたSF読みですし、こういう展開だと実は宇宙で一番高位なのは、モフモフ族なんでないの? なんてな妄想を勝手に拡げたり、本シリーズに限っては訳者あとがきじゃなく、著者本人による本シリーズの科学、軍事解説記事が載ってるんだけど、これが実になんというか、オタクが早口でまくし立ててる感があって、ちょっとかわいいな、なんて思えて(著者は自分といくらも歳変わらんのですけどね)、嫌いにはなりにくい本ですね(w。

★★★

[Anime][SpFX] 定期視聴番組(終わったの、始まったの)

世界陸上の中継などもあって、タイムテーブルがかなりごちゃごちゃになってるようですが、まあ順不同で行きますよ。終わったもの、「シンフォギア」「エルメロイ」「ありふれた…」あたりかな? 「シンフォギア」、シンフォギアかと思ったら最後は「サクラ大戦」のノリだった。「エルメロイ」グレイことセツちゃんがかわいかったのでオールオーケー。「ありふれた…」はこれはこれでまあ、良いんじゃないですか。二期もあるそうなので楽しみ。

新番組。ちゃんと押さえられてるかな、「厨房激発ボーイ」「戦✕恋」「トクナナ」「アフリカのサラリーマン」あたり? ああ、MANPAも入れ替わったか。ここは「トクナナ」でしょうか。あとはまあ、もうちょっと様子を見て。

「ヴィンランド」「Dr.Stone」「炎々」は安定銘柄。

ニチアサ、「ゼロワン」、今回は声優さんのお話。伊瀬茉莉也の名前があったけど、どこに出てたんだろう。「リュウソウジャー」、レッドになれなかったナダさんは紫になってました、と。最終的にエエモン・サイドに移ってくれるのかね。


2019-10-04 [長年日記] この日を編集

[Day] リサイクルショップ

昨日の夕方、ドアをノックする音が聞こえたんで出てみると、お兄ちゃんがひとり。何でも近所にオープンしたリサイクルショップの者で、ご家庭に不要なものがあったら、オープン記念に無料で引き取りますが、と。前に新しい物に交換したのでただの粗大ゴミになってたガスコンロがあるんだが、そう言うのでも良いの? て聞いたら全然問題ないですよ、ですと。捨てる気満々だったんだけど神戸市指定のゴミ袋に収まらないし、たぶん重量もオーバーっぽかったので粗大ゴミ(有料)として出すしかないな、と思って放ったらかしにしてた物が始末してもらえるのならありがたくお願いしてみた。

んで今日、夕方にやってきてくれた(昨日とは別の)お兄ちゃんに、コンロの残骸見せて「こんなんでも良いの?」と聞いたら大丈夫、って。ありがたい話です。

ついでに持って行ってもらえそうな物はないかと思っていくつか見てもらったんだけど、製パン機とかファクス電話とかはダメ(基本プラの家電製品はダメなのが多いみたい)、ブラウン管もダメだけど液晶ディスプレイはOK、なんだって。って事で先日くたばったディスプレイは引き取ってもらえた。これで粗大ゴミ二つ、消化成功。

おもちゃとかも引き取るけど、基本は超合金とか、ああいう物みたい。「プラモデルは?」って聞いたら「モノによりますねえ」ですって。ふふふ、ウィリアムズ・ブラザーズの未組み立てキットとか、どうだい(w?

あ、レーザーディスクは引き取ってくれるのか、も聞いときゃ良かったかな(^^;。

[Anime] ぼつぼつ秋アニメ

が始まってますが。まずは「旗揚! けものみち」「慎重勇者」「放課後さいころ倶楽部」「アズールレーン」。「旗揚」、ケモナーのプロレスラーが獣人世界に転生して、って話。夏アニメで獣人やってた小西克幸が今度は獣人ラブなマッチョに、って構造は笑った。「慎重勇者」は豊崎愛生劇場。面白い、かも知れない。「放課後…」、ボードゲームがテーマなのかな。とりあえず主人公の女の子の関西弁が、なんというか誇張されすぎたイントネーションで聞いててちょっと気持ち悪い。関西以外の人からしたら、あれぐらいじゃないと関西弁と認識してもらえないって事なのかしら。

「アズールレーン」、全く遊んでないんでどういう世界なのか解らないんですが、一回目を見た初心者の印象としては、この世界は一度ネウロイみたいなのの侵略があって、それを地球側は何とか撃退したけど、その後世界は、米国的な勢力と英国的な勢力の連合対日本的な勢力とドイツ的な勢力の連合の間で覇権争いが続いていて、一応お話がスタートした時点ではええもんサイドは米英連合側、主人公というかキイ・パースン(シップ?)はビッグE、って事でよろしいか?

んー、特に「艦これ」と比較してどうこうとかって気は無い(そっちもよく知らんし)んだけど、加賀が赤城を「お姉様」呼ばわりしたりすると、その二艦は全く出自が違う(一方が旧国名でもう一方が山の名前って時点で気づけよ)んだから、別に姉妹艦じゃねえんだけどな、とかプリンス・オブ・ウェールズを「お姫様」呼ばわりってのはどうなんだ? とか、割とどうでも良いところで引っかかってます(w。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2019年
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

  • 2019-10-14
  • 2019-10-11
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. カッタデー!
    • 3. 台風接近
  • 2019-10-10
    • 1. 定期視聴番組とサンテレビ(様)で映画
  • 2019-10-08
    • 1. 時空大戦 3 人類最後の惑星
    • 2. 定期視聴番組(終わったの、始まったの)
  • 2019-10-04
    • 1. リサイクルショップ
    • 2. ぼつぼつ秋アニメ
  • 2019-10-02
    • 1. 落下世界
    • 2. 定期視聴番組
  • 2019-09-28
    • 1. 電話機買うたった

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp