ばむばんか惰隠洞

追記

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web


2016-07-29 [長年日記] この日を編集

[Baseball] マケタデー!

T1-3D。藤浪きゅん初回3ラン被弾以外はおおむね試合は作った模様。打線の方が見殺しか。藤浪きゅん、嫌われてる(^^;?

とはいえ満塁で藤浪きゅんをバッターボックスに立たせたのは良かったのか悪かったのか。

[TV][Chinema] エドゴジ…ってことになるのかな

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組 「シン・ゴジラ」公開疑念、テレビでギャレス版「GODGILLA」やってたので見たけど。

一番の見せ場である、ハワイの津波襲来からのゴジラの全身像お披露目、のシーンが丸ごとカットされていて相当がっかり。気がついたらもうゴジラが暴れてるんだもんね。どこか他に切るところはなかったのかなぁ、とはいえ日本で津波シーンを流すってところにも引っかかりはあったのかも知れんし、そこは一概に批判もできんように思うし、厄介やね。

「シン・ゴジラ」も評判良いようですな。そのうち観に行こうと思ってますが、すぐには動けないのであんまり情報入れないようにしておかないと(^^;。

[Oldbooks] 暑いから古本を読もう3 (ステルス艦カニンガム出撃)

ステルス艦カニンガム出撃 (文春文庫)(ジェイムズ・H. コッブ/James H. Cobb/白幡 憲之) 1990年代あたりから、結構な数のいわゆるハイテク軍事サスペンスにカテゴライズされる作品が各社から刊行されるようになってて、その大半は新しめの兵器のスペックの羅列とワンパターンなマッチョ・ヒーローが活躍する、チャチなもんばっかりで、多分本書も書店で見かけた記憶はあるんだけど、その時は勝手に半笑い物件なんだろな、と決めつけて買わなかったわけですが、今回読んでみてびっくり。宇多丸師匠風に言うなら「ナーメテーター」物件でしたね。ジェイムズ・H・コッブ「ステルス艦カニンガム出撃」(書影はamazonにリンク)。

2006年、突如南極大陸に侵攻し、英国の観測チームを拘束したアルゼンチン。南極条約の実効下で領有権が凍結されている南極で、条約締結国のひとつでもあるアルゼンチンは何をしようとしているのか。たまたま隣国ブラジル、リオデジャネイロに停泊中だった米国の最新鋭ステルス駆逐艦「カニンガム」に出動命令が下る…。

既存の兵器体系からは隔絶した高性能のハイテク兵器がのーてんきに大活躍する系かな、と思って手を出さなかったんだけど、んでまあ確かにそういう側面も無くは無い(そこが見せ場でもあるからね)んだけれど、それ以上にシチュエーションの造りの巧さとキャラ造形がなかなか巧みで、割とボリュームのある本だけど一気読みしちゃう面白さがある。

膨大な地下資源の宝庫であろう南極に一番近いのに、条約の制限で手を出すことができないアルゼンチン側の事情というのは、まあ約束は約束だけど手は出したいよね、と言う程度には理解できる。しかも条約を守れー、と言ってくるのはそれなりに裕福な国たちでもあるわけで、お前らの都合ばかり押しつけるな、って気になるあたりにも同情の余地はあると思う。それはそれとして南極を平和な大陸としたい、と言う綺麗事連合の方もまたしかり。という微妙な条件下でのパワーゲーム、と言う面白さですね。

キャラの方も有能な女性たちが勘所に配置されててこちらもまあ今風と言えるか。なにせ主人公「カニンガム」艦長、アマンダが女性ですし。

ただまあシチュエーションの面白さに比べるとキャラの方は若干手薄かな。主人公の障害になる人物、どうしようもない悪党、的なポジションが弱いんだね。一応の敵であるアルゼンチン側の人物たちも、先に述べたような事情もあって芯から憎めるようなヤツはいないし。

この結果お話の展開も、やや起伏に乏しいものになってしまった恨みもあるかも知れないな。本気で倒さないといけない相手、ってのに不足してるのね。そこがちょっと惜しかったかも。とはいえ、期待してなかった、って点を加味してもこいつは結構面白かった。シリーズがあと4作あって、軽石庵さんに全部揃ってることを確認したので、続きも読んでみましょうかね。

で、どーでもいいけど2番艦はやっぱ「ドリスコル」なんすかね(^^;。


2016-07-28 [長年日記] この日を編集

[Baseball] カッタデー!

T10-5S。4連勝だと!? 青柳投手が試合を作りかけたのに中盤以降は割とぐだぐだ。投手6人注ぎ込んで何とか逃げ切った、と言えないこともない。

さてお次は対中日3連戦。藤浪きゅん、復調できるか、ですかねえ。

[Anime] 定期視聴番組

水曜深夜まで。「甘々」「マクロス」「アクティブレイド」は楽しんでる。「あまんちゅ!」がちょっとノリ辛いかなぁ。前に書いたけど、何か絵がカサカサしてんだよね。

[Oldbooks] 暑いから古本読もう2 (ファースト・エア2)

ファースト・エア2昨日に続いてマイケル・スキナーファースト・エア〈2〉 (amazon ユーズドのみ)。平和な世界にボビーたち戦闘機パイロットの居場所はなく、かつての「ファースト・エア」の面々も今は映画のスタント撮影で糊口をしのぐ日々。だが間違ったことをそのままにしておけないボビーの性格は、ここでもトラブルを引き起こし、仕事は首になってしまう。そんなボビーたちに意外なところから声が。日本の財界の大立者、瀞島(とろしま)大門からの自社の輸送機のエスコート任務。だが瀞島はボビーに、単なる護衛役以上の役割を求めようとしていた…。

中東から舞台は一転アジアへ。南シナ海における領海紛争をベースに、突如出現した火山島をめぐって各国の思惑が交差して、みたいな。なにやら超自然的な力の助けもあったのか、この火山島の出現を前もって予感していた瀞島老人は、その膨大な財力にモノを言わせて退役した米空母「オリスカニー」に近代化改修を施した空母「ニノカゼ」を建造、ここに「ファースト・エア」チームを搭載し、自ら「梵天」と名付けた火山島を独立国として領有し、その防衛にあてようとしていた、というかなりキワキワなストーリー。ここに現状に満足できていないハリウッドの大スターやかつてのボビーの恋人、ベトナム戦争時代から残る遺恨、なんてものが彩りを添えるような形。

「独立国」の定義が良くわからないんだけど一般的には「領土」「国民」「主権」を備えたものであるとするならば、洋上の新島は、それが公海上であれば今回の瀞島老人の行動にもチャンスがありそうな気がするんだけど、これ、西沙諸島方面に出現した島ならばまず中国、ベトナム、台湾が「領土」を主張できそうな気がするんだけどそこは大丈夫なのか?

まあ原潜「やまと」の例もあるからそこはウヤムヤでもいいのか(w。何にせよお話は、前作に比べると若干荒唐無稽な土台の上で展開するんだけれど、この瀞島老人のキャラの立ち具合がなかなかチャーミングなので割に楽しめる。外人さんからみてカッコいい日本人、と言うキャラづけね。で、そこのカッコいいところと「ねーよ」なところのバランスが割に良い具合にまとまってるんですね。

新キャラの掘り下げ具合が甘い件、一部のキャラが突然どっかに行っちゃう件、悪いヤツはいるけど明確な敵が見えない件等々、前作に比べるとちょっとショボくなっちゃったかな、と言う気もしなくはないけど、これはこれで、まあいいか。我らが新明和PS-1も大活躍するし。

ちょっと調べてみたけどマイケル・スキナーの作品、この2作以外の邦訳が見当たらないんだけどあんまり人気出なかったのかしら。英語版のWikipediaにも記事載ってないし…。


2016-07-27 [長年日記] この日を編集

[Baseball] カッタデー!

T9-0S。ノーミサン完封、打線は4回大爆発で一挙9点、連勝、ってこれは阪神なのか? (^^; あとはこれがなにかのフロックではないことを祈るばかりです。

[Oldbooks] 暑いから古本読もう(ファースト・エア)

ファースト・エア (下)ファースト・エア(上)晩飯食ったあとは何もやる気が起こらんし、さすがに菊池光特集も飽きてきた(その後も結構読んでました。『スペンサー』はやっぱ初期作品の方が出来が良いね)ので、今度は手近な本棚から割に気楽に読めそうな本を引っ張り出して読んでみる。まずはマイケル・スキナーファースト・エア〈上〉ファースト・エア〈下〉(共にamazon ユーズドのみ)。

突如バグダッドが核攻撃され、イランとイラクは交戦状態に。紛争鎮圧のためイランに侵攻したアメリカ軍だが、予想外に強力な航空勢力の迎撃を受け、空母航空団には深刻な損害が発生、地上軍は孤立状態に。事態を打開するためには強力な空軍部隊の進出が必要だが、なぜか中東諸国は一斉に地上基地の提供を拒否してくる。状況の打開に奔走する米空軍の実力者、ホワイト少将にもたらされた助け船、それは中東の小国、アルクァシーム首長国からの提案だった。各国から腕利きのパイロットを呼び寄せ、一時的に民間の軍事コンサルタント企業「ファースト・エア連隊」としてアルクァシームに駐留させる、というもの。

ただしこれには一つの条件があった。チームの指揮官として伝説的パイロット、ボビー・ドラゴンを据えること。だが彼は今、脱走兵の汚名を被り、公式には行方不明となっていたのだ…。

という。中東の動乱、最強の傭兵空軍、うっ、頭が…的な展開ですがまあ、それは半分くらい正しい(w。各国の腕利きが集まって、彼らがその得意分野での超絶的技術を披露して困難なミッションをやり遂げる、と言う部分は確かにそう。ただ、そういう見せ場は全体のボリュームからすると案外少ないの。

そういう意味では「エリア88」的、もしくはデイル・ブラウンの一連のドリームランドもの(そういえばこちらのお話でもドリームランドが出てきてますな)ほどに脳天気ではなく、むしろ謀略が発生し、それがどのように展開し、そこに主人公たちがどう関わっていくか、ってところを結構丁寧に描いていてそこが面白い、ってなお話になっている。なので「ファースト・エア」チームがチームとして大活躍する、ってシーンは一ヶ所ぐらいしか無いんだね。逆に割と念入りに描かれるのは、敵側の思惑だったり、「ファースト・エア」に頼らざるを得なくなってしまうまでの状況の変化とか、孤立した海兵隊員たちの頑張りとか、主人公ボビーの過去のエピソードとか、割といろんなお話が手際よく詰め込まれていてそれぞれが結構楽しめる上に、それらのエピソードが終盤に向けてそれなりに一本の線にまとまっていくあたりはかなり上手い。

まだ辛うじてソ連が生き残っていて、そのソ連はアフガンでの痛手から何とか立ち直りたい時代のお話。思ってたよりかなりしっかりした造りだった。

まあやっぱり核を甘く見てるところはあると思ったけどね。


2016-07-26 [長年日記] この日を編集

[Day][Games] 歩きスマホは危ないよ

プリンタのインクが切れちゃったので、ハーバーランドに緊急出動。スマホはポケモンGO立ち上げた状態で出かけたわけですが、さすがに街はポケストップたくさんあるね。モンスターボールをたっぷり補充できました。モンスターもそこそこゲット。メトロ神戸(神戸-新開地間の地下街)はポッポの群れの生息地らしいぜ(^^;。

基本的にスマホは持って歩くけど、普段は下向き(パワーセーブ状態)で移動してて、バイブが来たら他の人の通行の邪魔にならんところに移動してモンスターボールを投げるの儀に移るんだけど、ポケモンを捕獲成功したあとが意外に危ないな。「やったー!」が出るとこっちも「やったー」で歩き出しちゃうんだけど、この時点ではまだゲットしたポケモンの情報なんかが表示されるんで、それ見ながらの歩行になるんで結構危ないね。ふと気付いたら自分の5センチ右を自転車に乗ったおばさんがすれ違って行って、割とひやっとしましたです。気をつけなくては。

エコリカ リサイクルインクカートリッジ HP ブラック hp178(CB316HJ) ECI-HP178B-V プリンタインクの方はエコリカリサイクル、というシリーズを最近は使っているんだけど、これはこれで要注意。調子がいいときはいいんだけど、どうもインクの質とかの問題なのか、突然印字がかすれてしまったりするのね。念の入ったモードのヘッドクリーニングをかけ、印字の濃さを濃いめに設定すると比較的上手く行く、というのは純正品の設定がこちらのパチモンには上手く伝わらないと言うことなんだろうな。そこらの試行錯誤で無駄遣いすることになるインクの量が受け入れられるかどうか、がこの手の安価(って程に安くもないけどねえ)な代替カートリッジを使うかどうかの判断の分かれ目になる様な気はするな。

[Baseball] カッタ(ラシイ)デー!

T5-3S。久しぶりのゴメスの決勝弾だったそうで、これが何かのきっかけになったらいいんだけど、阪神ファン長いんだ。きっかけにはならんだろうねえ(とっほっほ)…。


2016-07-24 [長年日記] この日を編集

[Games] ポケモンゲットしに行ってみたぜ

スマホのスクリーンショットコンビニに行くついでにポケモンGOを立ち上げ、スマホ片手に(ポッケに入れるといろいろ誤作動しちゃうので)お出かけ。近所の郵便局がポケストップになってるので、そこでモンスターボールを3つほど獲得。そこから10分ばかり歩いてる間に10匹近くゲットできちゃったよ。

ズバットくんとかポッポくんとかは重複で出てきたんでCPが高い一匹を残して、あとは博士のところに送っちゃったので今日のところはこんな感じ。

問題はこうやって集めてるモンスターくんたちはどの程度のメンツで、この子たちをこれからどうしていけば良いのか、がさっぱり解らないってことだな(^^;。

[Anime][SpFX][TV] 定期視聴番組

週末分。「ソーマ」は安定銘柄。「ガンダムUC」、すっかり狸っぷりが板に付いてきたブライトさん。一年戦争の時に18だったんだっけ? したらまだ35ぐらいか。それにしてはのこの老獪っぷり。苦労したんだねえ(^^;。

1/450 Spanish Galleon (帆船) 05899 スーパーヒーロータイムの二本、今期は女性陣が結構黒い「ジュウオウジャー」、ヘタレががんばる「ゴースト」って感じっすかね。「アルスラーン戦記」は船回りの絵が凄くショボくてちょっと。まあこれはOP見た時点で気にはなってたんですが。スパニッシュガレオン(というかガレー)的な何かをベースにしたかったのかもしれないけど、ちょっとそれは違うんじゃないか、というかアニメだからいろいろ制限はあると思うけど、リギン舐めんなって気はちょっとしちゃうよな。

「真田丸」も毎回お笑いと、どシリアスの絶妙の匙加減で楽しんでます。昌幸パパは何がトリガーでやる気復活したんだろうね(w。

[Baseball] カッタデー!

C5-8T。鳥谷の連続フルイニング出場についに終止符(歴代4位だそうですね)、が勝ちに繋がったのかどうかはわからんけど、やや乱調気味だったメッセを支えてどうにか逆転、その後リードを守り切ったのはまあ良かったよ。勝つまでに4時間かかったけど(^^;。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2016年
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ここ1週間分の話題

  • 2016-07-29
    • 1. マケタデー!
    • 2. エドゴジ…ってことになるのかな
    • 3. 暑いから古本を読もう3 (ステルス艦カニンガム出撃)
  • 2016-07-28
    • 1. カッタデー!
    • 2. 定期視聴番組
    • 3. 暑いから古本読もう2 (ファースト・エア2)
  • 2016-07-27
    • 1. カッタデー!
    • 2. 暑いから古本読もう(ファースト・エア)
  • 2016-07-26
    • 1. 歩きスマホは危ないよ
    • 2. カッタ(ラシイ)デー!
  • 2016-07-24
    • 1. ポケモンゲットしに行ってみたぜ
    • 2. 定期視聴番組
    • 3. カッタデー!
  • 2016-07-23
    • 1. ポケモンGO
    • 2. マケタデー!
  • 2016-07-22
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. マケタデー!

どこかに悲鳴が潜んでる

空から何か降るSFは名作

脚注弾だけは勘弁な

円城塔氏の帯の文が挑発的(w

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
追記
©1996-2015 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp