ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2019-01-16) 最新 次の日記(2019-01-21)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2019-01-17 [長年日記]

[Books] モリアーティ秘録

モリアーティ秘録 上 (創元推理文庫)(キム・ニューマン/北原 尚彦) モリアーティ秘録〈下〉 (創元推理文庫)(キム・ニューマン/北原 尚彦) キム・ニューマン 著/北原尚彦 訳
カバーイラスト アオジマイコ
カバーデザイン 東京創元社装幀室
創元推理文庫
ISBN978-4-488-12904-0 \1140 (税別)
ISBN978-4-488-12905-7 \1200 (税別)

こっちの都合で低評価(すいません)

19世紀末、英国、いや世界の裏社会において犯罪商会(ザ・ファーム)の首魁にして最高レベルの犯罪コンサルタント、そしてかのベーカー街の名探偵の最大のライバルでもある人物、ジェイムズ・モリアーティ。彼が影で関わっていた様々な怪事件を、モリアーティの(自称)右腕、モラン元大佐の手記を元に辿っていく……。

多分シャーロキアンであったり、なんと言うんだろう、世紀末怪奇耽美趣味的本格(と言うジャンルがあるのかどうかは知りませんが)を愛する人には堪らんものがあるだろうと思う。そっち方面の素養はからっきしな自分にも、例えば各エピソードのタイトルがホームズ物のそれから引いてるんだな、ってあたりは何とかわかるし、それ以外にもいくつかは「ああ」と思えるところもあった。その上で展開していくストーリーは、あくまでモリアーティの手下の一人で、自分は腕利きのタフガイだと思っているモランの手記、と言うスタイルを取っているために、闇の帝王モリアーティが実際にどういう事を考えていて、なんならモランの事をどう見ているか、なんて事はあまり詳しく語られない。

代わりに念入りに語られるのは、まさにその、モランの立場から見たモリアーティのプロジェクトの進捗レポートなわけで、ここではモランが思ってるほどには作戦の詳細を知らせていない。それゆえモランは自分が思ってるほどには現場を支配しているわけじゃなく、その陰で全てを自分の思い通りに進めていこうと人知れず暗躍しているヤツがいるぞ、それは……、ってまあ、みんなの予想通りなんですけど(w。

特にツカミの意味もあって、それなりに解りやすいお話が並ぶ上巻はそれでも結構楽しめた。ラストにもう一回言うけど、個人的にとっても嬉しい名前にも出会えたし。ただ…

ここんところの日記を見てもらったら解るように、猛烈に調子が悪くてですね、ちょっと歩いただけでやたら疲れてしまう状態で、なんか文字を追っかけるのも結構しんどくて、実は重要なところが頭の中を素通りしちゃっているかも知れない。もうちょっとちゃんとした状態で読んだら、感想も少しは違った物になってたかも。なにせキム・ニューマンですからね。もっとグッとくる何かが隠されていたのかも知れない。でも今はちょっと、アバラの痛みの方が上回っちゃった感じで。著者、訳者さん共にゴメンナサイ、です。

そうは言ってもオレもSF者のハシクレ。一言ぐらいは言わせておくれ。

アロナックス教授、かっけー!(^o^)

★★★


Google search
www.bumbunker.com
Web
2019年
1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp