ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2007-09-23) 最新 次の日記(2007-09-26)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2007-09-24 [長年日記]

[TV] 定期視聴番組

やや遅れ気味ながら録れてたもの。「アイドルマスターXENOGLOSSIA」、「おおきく振りかぶって」、「地球へ…」(完結)、「電脳コイル」、「ラブ★コン」、「大江戸ロケット」、「ななついろドロップス」、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」、「仮面ライダー電王」、「Yes! プリキュア5」、あと、お江戸のホテルで初めてテレビで「グレンラガン」を見たです。

「地球へ…」が完結したわけだけど、んまあ26話でちゃんと収めた、というのと、あとはなんだ、微妙に昭和くさいSFアニメだなあ、ってのが感想かしら。まあ原作が昭和のマンガなんだからしかたないけど。

「電脳コイル」は私限定マジックワード、「夏休み」が炸裂したので点数の底上げをせざるを得ないのだが、わたくし好みのジュヴナイル基準からすると、このお話は少々、ヤサコもハラケンもイサコもアダルト方向にシフトしてて、じわっと来る前に「エロいなオイ」って気分が来ちゃう、みたいな。わたくしの心がよごれているからですねそうですね。

「電王」は、いーじゃんすげーじゃん。認知テーマのSFネタを、子供番組レベルで何となく理解できるまで上手に噛み砕いてたんじゃないだろうかと思った。それはともかく、すべての人の記憶から消えてしまった人が乗るのがデンライナーなのだとしたら、ずいぶん前の回ではあるけれども、デンライナーの食堂車を満員にしてた人々ってのもそうだったのだろうか、ってのはちょっと気になった。家族連れとかもいたよね。あの人たちも、まとめていろんな人たちの記憶から消えてしまった人々だったんだろうか。んまあ、その当時にはそこまで考えてなかったもんねー、でも良いんですけど。

んでもって「プリキュア5」は、増子さんをいかにかわゆく描くか、に血道を上げたエピソード。よござんした。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2007年
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2007-09-23) 最新 次の日記(2007-09-26)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp