ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2008-02-21) 最新 次の日記(2008-02-23)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2008-02-22 [長年日記]

[Books] 心霊理論 異形コレクションⅩⅩⅩⅧ

9784334742959 井上雅彦 監修
cover art 山本ゆり繪
カバーデザイン 泉沢光雄
光文社文庫
ISBN978-4-334-74295-9 \914(税別)

冬のさなかのユーレイ話

「異形コレクション」第38弾。幽霊をテーマに、その「理屈」の部分に怖さが生まれるか否か、のあたりに軽く縛りを一回掛けたような作品集。執筆者は登場順に、春日武彦、小中千昭、斎藤肇、福澤徹三、柄刀一、藤崎慎吾、八杉将司、平谷美樹、上田早夕里、朝松健、平山夢明、遠藤徹、梶尾真治、小林泰三、菊池秀行、西崎憲、井上雅彦、加門七海、傳田光洋。

ま、真冬にユーレイ話を読む羽目になったのは、主にこっちが買うだけ買って放ったらかしにしてただけって話。「異形」はすでに39が出ているんでしたっけか。そんな「異形」の今回のテーマは「幽霊」。序文で監修の井上氏いわく、

この画期的な一冊を作るにあたって、監修者が依頼時に付加した条件は、次のようなものでした。

≪いわゆる幽霊、心霊を、肯定しても否定しても、あるいは「常識」を覆すようないかなる仮説を提示してもかまわない。※ただし———怖がらせること、ぞっとさせることが条件≫

実にチャレンジングなテーマが逆に足かせになったのか、「得体の知れない怖さ」がやや薄味で、それなりに理由が予想できるが故の残念さ、みたいなものが先に立ってしまっているかな。本来こういうテーマが来た時こそ力を発揮して欲しいSF畑の作家さんたちに、切れ味がいまいち足りない感じがするのが惜しかったかも。それでもやっぱりSFサイドを応援はするんですが。

というわけで、上田早夕里「くさびらの道」、切れ味って点ではたぶんピカイチだと思われる梶尾真治「葛城淳一の亡霊」あたりがワタシの好み。あとは、怖さはともかく、一種のマニアックさが読んでて楽しい小中千昭「共振周波数」と、このシリーズの名物でもある、いくつかあるシリーズ内シリーズ、とも言えるものの一本、朝松健の一休和尚もの、「赤い歯型」もなかなか。

とはいえ今回はわずかに低調、でしたかね。冬に読んだオレが悪かったかな。

★★★


Google search
www.bumbunker.com
Web
2008年
2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2008-02-21) 最新 次の日記(2008-02-23)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp