ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2018-04-22) 最新 次の日記(2018-04-24)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2018-04-23 [長年日記]

[Anime] 定期視聴番組

「ヒナまつり」、フィーチャリング・ホームレス&バーテンダー。こういう人達を支援してくれるのは結局やーさん、っていっちゃったらマズいんだろうけど、「必要悪」って言葉をちょっと考えてはしまうな…。

[Books] 暗黒の艦隊2 新造艦<アレス>

9784150121709 ジョシュア・ダルゼル 著/金子司 訳
カバーイラスト 加藤直之
カバーデザイン 早川書房デザイン室
ハヤカワ文庫SF
ISBN978-4-15-012170-9 \940(税別)

組織はいつでもうさんくさい

"ファージ"の強襲を老朽駆逐艦"ブルー・ジャケット"と自らの片足を犠牲にして退けたジャクソン・ウルフ大佐。彼らの活躍にもかかわらず"ファージ"の攻勢は途絶えることがない。それから4年たった今も地球人類と"ファージ"の死闘は続いていた。今、シーアン星系、地球連合艦隊と"ファージ"の艦隊の死闘は地球側に不利な状況で進展している。人類が敗北を覚悟した時、ワープアウトしてきたのはウルフに率いられる新造駆逐艦、スターウルフ級5隻で構成される新鋭の第9艦隊だった…。

前作が意外とオーソドックスに帆走軍艦の冒険小説風味を踏襲していたとするなら、第二作となる本作ではいろいろ新機軸を持ち込んで来たかな、という感じはある。それ故に唐突感も結構ある訳で、それは本書のオープニングでも顕著かも。いきなりどうした? って感じは否めないし、これを最初に持ってきたからにはそりゃどこかでこいつに対する説明も加わるんだろうね、なんて予想を含みながら読んでいく訳でね。そこのところの処理はまあ、ちょっとビックリした(w。

前作では少々厄介者扱いだったウルフが、実は人類にとっては最後の希望だった、んだけど彼に全権を譲渡することで面白くない事になる勢力もありまっせ、というのはまあ、この手のミリタリ・スペースオペラでは常套手段と言えるんだけど、ここに何というのかな、企業のフィロソフィーみたいな物が追加されてるのは少し新しいんじゃなかろうか。ネタバレしないようにバラすなら、チュウヨー社という存在って事になるだろうか。これをどう例えるのか、ってのはなかなか難しいんだけど、そうだな、ちょっとブラック(かもしれない)なアナハイム、ってことになるのかなあ(^^;。

お話自体は比較的オーソドックスな展開であるんだけど、ちょっとヒキはあるかもな、と言う気はした。あと、この手のシリーズ物としては恋愛成分が意外に控えめなのはちょっと新しめかも。新しいのといつも通り、二つが良いバランスでまとまってはいるな、と言う気はしましたよ。本気で新しいものはないですけどね(^^;

★★★☆


Google search
www.bumbunker.com
Web
2018年
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ここ1週間分の話題

  • 2020-06-02
    • 1. アベノマスクとコロナ
    • 2. ナインフォックスの覚醒
  • 2020-06-01
    • 1. おひさしぶりです
  • 2020-05-24
    • 1. 定期視聴番組(なのか?)
    • 2. クララ殺し
  • 2020-05-21
    • 1. ひさびさ、街に出た
  • 2020-05-20
    • 1. とりあえず出しといた
    • 2. 星系出雲の兵站 -遠征- 3
  • 2020-05-19
    • 1. なんか来た
    • 2. 急にどうした>倅
  • 2020-05-18
    • 1. お掃除魔神、来襲

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2018-04-22) 最新 次の日記(2018-04-24)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp