ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2018-01-03) 最新 次の日記(2018-01-05)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2018-01-04 [長年日記]

[TV][Chinema] お正月テレビ映画

ランボー 最後の戦場 [Blu-ray] 世間では元旦の深夜に「秒速5センチメートル」を放映する鬼畜っぷりに話題が集まっておりますが、「君の名は。」を放映した余韻も醒めやらぬ同日深夜にこいつを流すテレビ大阪もどうなんだ(w。

つーことで録画しといて翌日鑑賞、「ランボー 最後の戦場」。ミャンマー内戦で弾圧されている民族へ支援の物資を届けようとするボランティアチームは、タイで暮らすランボーに水先案内を依頼するのだが彼の態度は素っ気ない。それでもメンバーの一人、サラの熱心な説得に応じて同行を承諾したランボーだったが、案の定ミャンマーの治安は最悪で…

凄惨な暴力描写で話題になった「ランボー」最終話。確かにそこはすさまじいのだろうが、ほら、オレのテレビ、昔某ソフトハウスでバグチェックに使ってた日立製、14インチのテレビデオなんでね(^^;、もしかしたらもっと大きく、鮮明な画面で見たら「うへえ」となったのかも知れないけど、この環境ではそこまでのことはなかったよ。もしかしたらあまりひどいシーンはカットされていたのかも知れないけど。それでもまあ、人をつり下げて豚のエサにしてしまう、ってのは結構怖かった。良い感じに脚、食いちぎられてたしね。

お話そのものは、決して残虐な戦場を興味本位に見せたい訳ではなく、ここまでランボーが経験してきた様々な戦場のフラッシュバックに上書きされ、かつ過去から何一つ変わらない人の業のようなものと、それを克服することも、逃れることもできないランボーの未来とは、と言うふうに進んでいく。なかなか、結構でした。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2018年
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ここ1週間分の話題

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp