ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2006-10-27) 最新 次の日記(2006-10-29)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2006-10-28 [長年日記]

[Day] お仕事お仕事 (22:42)

16ページ目までちょこまか作成。あと18ページ。なんとか間に合いそう…かな。今回はちょっと変ったクライアントさんで、ソースの記述に結構細かい規則があったりするので、GoLiveでヌルーく作業してると、あとで修正にエラい手間食いそうだったので、秀丸ばりばりのHTML書き。

ちょっと楽しい(^^;)。

でも敵はPhotoshop CSなので、ウチのPhotoshop7だと、レイヤーの構造が完全には再現されないあたりにやや不安もあったりする。画像の切り出しも少しだけ手間だわ。

ちょっと悲しい(つoT)。

[TV] 定期視聴番組 (25:30)

「ウルトラマンメビウス」、「天保異聞 妖奇士」、「ツバサ・クロニクル」。先週引いた話の完結編だったのが「メビウス」(#30:約束の炎)。ふむ、しっかりまとまってたと思うぞ。このメンツに期待できる最良のお芝居だったのじゃないかと思うし、前半の戦闘シーンの迫力もなかなかのものであった。わたしゃ「帰りマン」以降のウルトラはあんまりよく知らないので、ウルトラダイナマイト、とか言われてもピンと来ないんだけど、つかそれは今の小さいお友達も一緒だと思うんだけどそこは何も説明しなくていいのか? とかはちょっとだけ思ったです。テッペイ君、それがどんだけ怖い技なのか、ひとこと言って欲しかったなあと思ったりはした。あとはなんだ、とってもラテンな感じのメビウスの新フォームにイマイチ説得力がなかったような感じも。

で、来週からはミライ・イコール・ウルトラマンで話が展開することになるわけだが、さてどうなるんでやんしょ。

「妖奇士」はそれなりにちゃんと作ってると思うんだけど、そこがアニメの悲しさなのか、"異人と言うだけで変な目で見られる"キャラ(この辺のツッコミは結構好き)が、アニメ的作画のお作法を通すと、別に異人に見えねえじゃんってところに問題があるような気がした。セリフの端々から、外人さんなのかなってのはちらっと分かるけど、青だの紫だのの髪の色したおにゃのこが日本人でございで通るこのご時世に、少々それは芸がないんじゃねえの、とか思ったり。お話の展開は嫌いじゃないので、真面目とヤケクソの境界線をどのあたりに引くかで、このアニメは化けるかスカのままで終わるか、どっちにころんでもおかしくない話になりそうな気がする。

と言うことはつまり、無理して見ないと、とても面白いとは思えない「BLOOD+」よりはまだしもマシな作品かも知れない、と言う期待は(ほんのちょっぴり)あったりはするのだった。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2006年
10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ここ1週間分の話題

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2006-10-27) 最新 次の日記(2006-10-29)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp