ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2007-05-27) 最新 次の日記(2007-05-29)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2007-05-28 [長年日記]

[Day] お出かけ (23:06)

イロモノカキ作業があったので三宮へ。どんぶり安兵衛でカツ丼食って、Voice出張所でお仕事お仕事。ちょっとスランプ気味なんだけど、2時間ばかりかけて必要な文字数は埋めた…かな。質でやや満足できないところもあるのだけれど、一応量は満たしたのであとは家に戻ってどうにかしよう。

あとは久しぶりに高架下を冷やかしつつ。久しぶりなんだが、飲み食いする店が増え、古本屋が撤退/縮小傾向にあるように見えるのがちょっと淋しいな。また一軒、店を閉めはったような気がするんだが。小さいけれども置いてる本がキレイで、なかなか好きだったのだけれども。

[Comics] お買い物 (23:39)

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (角川コミックス・エース 80-18)(安彦 良和/矢立 肇/富野 由悠季) グーグーだって猫である (3)(大島 弓子) 大島弓子「グーグーだって猫である」(3)、安彦良和「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(15)。

むうん、そもそも「グーグー…」が続き物であったという意識すら持っていなかった。わたしゃまだ読んでないんだけど先に読んだカミさんの感想は、「うちに2巻はないね」でございました。機会があったら鋭意探索しておきますよ。

安彦ガンダムは「オデッサ編」の前編、というよりは「ミハル編」と呼ぶべきものになっている。アムロ-ガンダムよりもむしろ、この巻に限ってはほぼ全編に渡ってカイが主役の本と言えるだろうな。で、それならそれでカイとミハルのお話にもう一声突っ込んだ表現が欲しかったような気はする。カイはともかくミハルの方の心の動きなどについては、もうちょっと突っ込んだ解釈があっても良かったのじゃないかな、なんて。安彦さんの絵で騙されてしまうけど、実はアニメ版とそんなに変わらない展開のまま、ミハルは散ってしまう(んまあ死因については一段深かったとも言えるけれど)のだよね。その辺は少々もったいなかったかも知れないな。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2007年
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp