ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2009-05-09) 最新 次の日記(2009-05-11)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2009-05-10 [長年日記]

[Day][Event] オフでした (24:31)

梅田で「GOEMON」見て屋上で宴会だー! オフ。実にお久しぶりのでしたさん合流で、大変楽しゅうございました。が、今回はなんかいろいろゴタゴタしてしまって皆様ご迷惑をおかけしましたですよ。劇場の座席を予約しておいたは良いが、その予約番号を控えたメモを家に置きっぱにして出動して、途中で慌てて引き返すことになるわ、

デジカメ落っことすわ

で、相当凹みましたですよ、って言うか今でも凹んでますよ。焦ってたのでどこで落したのかさっぱり分らないもんであれなんだけど、とりあえず神鉄の届いてそうな駅で「落とし物なんすけどー」と問い合わせはしてみたんだけどとりあえず今のところそれらしい拾得物はなし。基本的に神鉄では、落とし物はまとめて月曜日に総合案内所に集められるらしいので、詳しくは月曜日にまた問い合わせてみてくれ、ってことらしい。届いてると良いんだけど、どうかなあ。戻ってきてくれたら嬉しいんだけど。

あ、宴会の方は大変楽しゅうございましたよ。映画はまあ、いかにも紀里谷クン作品って感じで、上映終了後、小屋をあとにする人々の顔が、見な一様に疲れ切っているように見えたのがとても印象的でしたわ(w。

映画のあとはお茶→屋上(今年初だぜ、いぇい!)→久々のカラオケの定番コース。元映像(放映当時の、ね)付きのカラオケって盛り上がるよねー。

ドタバタしてしまって昼飯食えなかったもので、屋上でがつがつ飲み食いしたもんだから今猛烈に腹が苦しいです。

映画の感想はまた改めて。

[Chinema] GOEMON

スタッフ
プロデューサー:一瀬隆重・紀里谷和明
監督:紀里谷和明
脚本:紀里谷和明・瀧田哲郎
原案/撮影監督:紀里谷和明
出演
江口洋介
大沢たかお
広末涼子
ゴリ・要潤・玉山鉄二
中村橋之助
寺島進
平幹二朗・伊武雅刀・奥田瑛二
公式サイト:http://www.goemonmovie.com/

信長、秀吉の活躍によってようやく戦乱の世に一応の終止符が打たれたかに見えた時代。だがその平和はあくまでかりそめ。信長によって持ち込まれた楽市・楽座によって市場は賑わう一方で、貧富の差は拡大し、また、信長の急死によって新たな天下人となった秀吉は、覇道のみを求め王道を顧みることはない。そんな時代に生きる二人の男がいた。共に織田信長の元で超人的な忍としての技を叩き込まれた石川五右衛門と霧隠才蔵。今二人はそれぞれ、自由気ままな暮らしと士官の道を求め、片方は盗賊、もう一方は秀吉配下の武将、石田三成の子飼いとして日々を生きていた…

なんてな出だしだったかなあ。紀里谷クン自身にはたぶん、自由とはなんなんだ、自由であるということ引き替えに、何を差し出さなければならないのか、そこの所の損益分岐点は奈辺にあるのかってあたりに大胆に切り込んだ作品である、と言う自負はあるのだろうと思う。自由を求めるものとそれを抑圧しようとする、いわゆる権力者との関係性みたいなものに、「キャシャーン」同様、少々(ナマで未成熟故の)気恥ずかしいメッセージを、派手なビジュアルと共に垂れ流す、ような映画。

それ故になんだな、スンゲー痛い若造がスクランブル交差点の真ん中でギターかき鳴らしながら尾崎豊風のメッセージソングをがなり立てているのを、少し離れたビルの二階の喫茶店から苦笑混じりに眺める楽しみ、はある。ただそういう楽しみは続いてもせいぜい10分なのでね。理屈っぽいジャイアン・リサイタルを2時間やられたらそりゃ聞く方も消耗するだろうってもので。映画が終わって小屋を後にするお客さんたちの表情が、一様に疲れ切ったそれだった、ってのが全てを物語っていたような気がする。

見た目の破綻はそれほどないし、切り取って眺めてみたらそれなりに見れる画もあるかも知れない、と思う反面、全ては今までに見たことのある映画の印象的なシーン(香港系ハリウッドには負けないぜ映画、にかなり対抗意識燃やしてるんだろうなあと言う気はした。だったらチェ・ホンマンじゃなくドニー・イェンぐらい呼んでみろよ、なんて思ったけど)の焼き直しにしか見えないわけで、そいつはどうしたものかいな、と。

紀里谷フィルムである、ってことがどういうものであるのか、ワシらはある程度覚悟完了して観に行ったんで、そこはある意味期待を裏切らない出来であったと言えるんだけど、連休のラストに派手な映画を見たい、と思って小屋に足を運んだお客様にはご愁傷様な映画、だったんじゃないかな。どういう人に勧めたらいいのか良く分からん映画ではある(その手の邦画、増えてるよね)が、まあ「キャシャーン」で怒らなかった人の内の何割かは、「ああ、またやっちゃったんだなあ」と苦笑できる作品に仕上がっていると言えるかな。後ろ向きに楽しめる大作でありますな。

(★★)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]
TUX (2009-05-11 07:24)

●やあ、今回も楽しかったです。<br><br>●「がんばれGOEMON(違)」は前回の「ヤッター・ドラゴン(違)」よりもずっと期待通り(爆)の怪作でしたねえ。<br><br>●デジカメ、無事に戻ってくることをお祈りしておりまする。

でした (2009-05-11 13:56)

久しぶりに参加できて楽しかったです。<br><br>映画の方はまあ、うーん。あれなら<br>才蔵を主役にしてシナリオまとめた方が<br>綺麗に終わったような気もしますね。<br><br>次がいつになるかわかりませんが、楽しみにしてます。

rover (2009-05-11 23:05)

お疲れさまでございましたー。次は何にしましょうか。とりあえずもう少し大人数で屋上に行きたいですね(w。

noki (2009-05-13 03:06)

やはりそうでしたか・・・・・・・・<br>いや、、GWが今年は普通に休みだったので映画を久々に<br>と思っていたのですがなかなかこれという映画もなくて、<br>GOEMONかぁ。。。。どうしようかなっと思っては<br>いたのですが。。うーん、、レイトショーで見に行って<br>脱力してこようかなぁ(w


Google search
www.bumbunker.com
Web
2009年
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ここ1週間分の話題

  • 2021-03-01
    • 1. 今月から本気出す
  • 2021-01-28
    • 1. ひさびさ、お出かけ
    • 2. 冬アニメ
    • 3. あ、忘れてた
  • 2020-12-14
    • 1. 何をしてたかというと、特に何もしていなかった
  • 2020-10-26
    • 1. 定期視聴番組
  • 2020-10-23
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. 女総督コーデリア ヴォルコシガン・サガ
  • 2020-10-12
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. タイムラインの殺人者
  • 2020-10-08
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. ずーっと払ってた

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2009-05-09) 最新 次の日記(2009-05-11)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp