ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2008-01-24) 最新 次の日記(2008-01-26)» 編集

カテゴリ一覧

AV | Anime | Baseball | Books | CGI | CS | Chinema | Comics | DVD | Day | Event | F1 | Games | HTML | Hobby | Kindle | Misc | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | TV | Tour | mixi | tDiary | web | 逸級介護士


2008-01-25 [長年日記]

[F1] だいぶ出てきた (23:43)

ぽつりぽつりと写真が追加されて、今はこんな感じ。10チーム・マシン写真画像:ヴァレンシアテスト 2008年01月24日(F1通信)。ホンダ、ルノー、ウィリアムズ、マクラーレン、フェラーリ、フォース・インディア(旧スパイカー)、レッドブル、BMW、トロロッソ、トヨタの今年のマシンが一望できる。全体的な印象としては、絞って長いノーズと複雑なフロントウィング、同じく後方を凝りまくった絞り方をしてきているサイドポントゥーン、それから、微妙に凝った処理がされてるミラー周辺、あと、去年のマクラーレン・スタイルの、少し延びてからぐっと下がるヘッドレストから後ろのパーツの処理あたりに、ある程度共通項は見て取れるか。

一見さんの無責任な第一印象でしかないんですが、攻め切れていないホンダ、トヨタ、インディア。攻め切れてない、とまでは行かないけれど何かが足りないトロ・ロッソとレッドブル、妙にファットな印象が来るルノー、手堅いウィリアムズ、手堅さとラディカルさを、上手い塩梅にバランス取って来たフェラーリとマクラーレン、ラディカルさはダントツだけど、その手のラディカルさって、いつの間にかおとなしい方向に方針が変ってしまう(バットマン・ディフューザーとか、あったよねえ)んじゃないか、と思わせるBMW(そのルイジ・コラーニ的なアプローチはかなり好きなんですけど)、って感じだろうか。

何となく一番気を惹かれてるのはフェラーリ。デザインラインとか何とか言う以前に、そのカラーリング。初期のリリースの時点から、「赤」の色合いがどうも違うような気がしていて。

なんというか、これまでのフェラーリの赤と、ちょっと違う赤に見えてしまってそこが大変気になるの。光に当てた時、反射して白っぽく見える部分がピンクに見える赤が真のフェラーリの赤、と聞いたような気がする(実際、フェラーリのキットのために、ピンクのサフェーサーと赤い色をセットで売ってた所があったような気がするもんね)んだけど、08年のフェラーリの赤は、なんつーか、シャリバン・レッド、とでも言えそうな赤に思えてしまうのだけれども。気のせいかしら。

あと、ノーズの処理に、微妙にアルバート・ノザキ的マーシャンズ・ウォー・マシンのイメージを感じてしまって、そこも微妙に興味を惹かれる。なんだかんだで今年もフェラーリに注目、なのかしらね。

あたしも日本人の端くれなので、ホントはトヨタとホンダのマシンで、「おお、こりゃ面白い」と思わせてもらいたいのだけれどね。

あらあら、フォース・インディアのマシンはまだ'08年型じゃなかったのね。失礼しました。

Google search
www.bumbunker.com
Web
2008年
1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

一味違うミリタリSF

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
©1996-2018 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp