ばむばんか惰隠洞

«前の日記(2004-12-27) 最新 次の日記(2004-12-29)» 編集

カテゴリ一覧

Anime | AV | Baseball | Books | CGI | Chinema | Comics | CS | Day | DVD | Event | F1 | Games | Hobby | HTML | Kindle | Misc | mixi | News | Oldbooks | PC | Photo | SpFX | Stage | tDiary | Tour | TV | web | 逸級介護士


2004-12-28 [長年日記]

[Day] 世間は仕事納め (19:19)

んでも普段からとろーりとろーりと仕事している弊社の場合、こんな日でもやっぱりいつものように、へなへなと仕事が舞い込んでくるわけで、これが結構めんどくさくって。ぶつぶつ言いながら作業中。明日は神戸最凶メンツの忘年会なので、今日中にやっちゃおう、と思いつつ、私の仕事ぶりもとろーりとろーり。

[CS] (ひさびさ)今日のゴジラ (21:41)

「GODZILLA 1985」(1985)、とは84ゴジラのアメリカ公開バージョン。音楽に手を入れ、USA版ゴジラってんでずいぶん貫禄のついたレイモンド・バーが、前作同様スティーヴ・マーチンとして登場している。これは初見。

で、これがあなた、なかなか良い出来だったりするのだった。英語で喋ってるからエモヤンもいっぱしの役者に見えるし、54年版ゴジラの英語版と違って、アメリカで追加したパートがそないに悪くないんだよね。

今回は、アメリカ側はひたすら日本が提供していると思われる映像を見て、本国からなにか支援できないか、といろいろ考える米軍スタッフ、って部分に芝居が限定されているので、前作みたいに芹沢博士(ただし顔見えない)とマーチンの電話での白々しい会話、とかいうヘンな絵が出てこない(いや私はあのヘンさも大好きなんですけど)。軍人たちに混じって、かつてゴジラに遭遇したと言うことでアドヴァイザーとして招かれたマーチンが自信満々の米軍の高官の横で、かつての平田昭彦のように「それはどうかな?」しかいわない(ええ、彼は何もアドヴァイスしないのですよ)のもステキ。ついでに、「ゴモキ」における蔦山君のような、妙にオタッキーな若手軍人がいて、こいつがかなり良い味出してたりする。東京に上陸したゴジラを見て、「都市改造計画みたいですね」などと抜かすあたり、個人的には大ウケでありました。

ラストにとってつけたような説教クサいナレーションが入るのも、昔風なアメリカン・モンスター映画っぽくってなかなか。腰の抜ける歌もカットされてるし、意外に良いじゃんこれ、と素直に思ってしまった。他の事しながら、横でだらだら流しておくにはもってこいの佳品かと(褒めてるのかそれ)。

なによりあれだわ、84ゴジラを劇場で観たときに、私が最高に怒り狂ったムッシュかまやつのシークエンスを、アメリカの連中はばっさりカットしているのでありました。ここでかなりポイント上がったぞ。アメリカ人えらいっ(w。


Google search
www.bumbunker.com
Web
2004年
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ここ1週間分の話題

  • 2021-03-01
    • 1. 今月から本気出す
  • 2021-01-28
    • 1. ひさびさ、お出かけ
    • 2. 冬アニメ
    • 3. あ、忘れてた
  • 2020-12-14
    • 1. 何をしてたかというと、特に何もしていなかった
  • 2020-10-26
    • 1. 定期視聴番組
  • 2020-10-23
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. 女総督コーデリア ヴォルコシガン・サガ
  • 2020-10-12
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. タイムラインの殺人者
  • 2020-10-08
    • 1. 定期視聴番組
    • 2. ずーっと払ってた

なかなか、オツなもんです

懐かしさ満点

グッド・オールドSFのかほり

ジュヴナイルとしてなかなか良質

バナーが必要ならこちらを
バナー素材

古本屋やってます
特殊古本屋 軽石庵

2003年9月までのサイト

巡回先
ROVER's HATENA

あすなひろし追悼サイト
あすなひろし追悼サイト

twitter / karuishian
«前の日記(2004-12-27) 最新 次の日記(2004-12-29)» 編集
©1996-2020 乱土 労馬:l-rover@kobe.email.ne.jp